1日、日本のファッションモデルはアジアのファッションリーダーで、マッシュウルフや二日酔いメイク、花柄のスカート、補色コーデなどの流行を生み出してきた。資料写真。

写真拡大

2016年2月1日、日本のファッションモデルはアジアのファッションリーダーで、マッシュウルフや二日酔いメイク、花柄のスカート、補色コーデなどの流行を生み出してきた。日本のモデルは時にはかわいくさわやかなファッション、時にはクールで落ち着いたファッションで、豊かな個性を表し世界中の視線を集めている。新華網が伝えた。

▼水原希子

水原希子は日本のファッション界で最も旬の人気モデル。独特の個性を持ち、ファッションスタイルも多彩で、ネットユーザーからは「見れば見るほど美しいし、ずっと見ていても飽きない」との声が上がっている。米テキサス州ダラス生まれで、日本のファッション誌「ViVi」や日本版「Seventeen」の専属モデルを務めた経験を持つ。

▼未来穂香

未来穂香は家族でディズニーシーに行った際スカウトされ、2009年4月からファッション雑誌「ラブベリー」の専属モデルとして活動。13年には、ドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」で、主人公の相原琴子役を演じた。これがテレビドラマ初主演だった。

▼藤井リナ

東京で日米ハーフの父と日本人の母との間に生まれた藤井リナは、中国のネットユーザーにも人気。そのおちゃめでかわいいルックスと笑顔で大人気となっており、ファッション雑誌などで大活躍。そのファッションセンスやメイクを若い女性がまねるなど、カリスマ的存在となっている。

▼栗山千明

栗山千明は1999年、映画「死国」にて女優デビュー。2000年、映画「バトル・ロワイアル」に出演し、03年にはアクション映画「キル・ビル Vol.1」に出演した。そのミステリアスでおぼろげな演技が好評を博している。栗山千明は5歳の時から、ティーン誌でのファッションモデルとして活動していたものの、身長が162センチから伸びなかったため、モデルの夢をあきらめて女優に転身することを決意した。

▼蒼井優

福岡県出身の蒼井優は、2004年に映画「花とアリス」で主演を務め、日本映画プロフェッショナル大賞の主演女優を受賞した。彼女の森ガールファッションは、ナチュラルでさわやかの一言。その美しさに思わず見とれてしまう。(提供/人民網日本語版・編集/武藤)