爆笑問題・太田光が一般人のテレビ批評に苦言「2ちゃんねる潰しゃいい」

写真拡大

2日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で爆笑問題・太田光が、一般人によるテレビ批評に苦言を呈し、「2ちゃんねる潰しゃいいんだよ」と口にする場面があった。

番組冒頭では、タレント・ベッキーの不倫報道に触れた。太田は、芸能の歴史を振り返り、人形浄瑠璃や落語などを例に出し「倫理から外れたものが全部芸能」との説を唱えた。

また、太田は「本来、芸能人は倫理を追求したくてこの世界に入ったわけじゃない」と力説しつつも、「テレビのど真ん中にいたい人は、倫理が求められる。ベッキーもSMAPも」と、本来の芸能と倫理重視な現在のテレビとの共存の難しさを語った。

これに相方・田中裕二が「家族そろって見る番組に多く出てる人っていうのは、あるからな」と同意すると、太田はクレームの多い現代社会に対応するお笑いが求められると力説していた。

しかし、太田は「素人」がテレビ批評することにも苦言を呈し「ああいうの恥ずかしいって意識が、アイツらにもないよな」と語った。

太田によると、昔の演芸評論家などは批判もするけど、「自分のやってることが恥ずかしい」「どっかで敵わない」と知っていたというのだ。

田中が「今は言いたいことは一応、ツイッターだ、ネットの書き込みだで発表できるからね」と補足すると、太田は「2ちゃんねる潰しゃいいんだよ」と言い放っていた。

【関連記事】
太田光がジャニーズやバーニングの圧力を認める「言えないことは言えない」
爆笑問題・田中裕二が後輩に渡すお年玉の額は5万円 太田光も驚き
藤本敏史が2ちゃんねるの批判にウンザリ「『すしざんまい!』やりたくない」