画像

写真拡大

 ALBERTは、2016年より、電気通信大学と機械学習を活用した新しい学習システム分野での共同研究を開始した

 ALBERTは、2016年より、人工知能関連事業強化を目的に電気通信大学との共同研究を開始した。同社では、人工知能の機械学習手法であるディープラーニングを活用し、人手を介さずに大量の画像に対して自動的にタグ付けを行なうシステムを開発している。

 今回、人工知能関連事業強化を目的に、電気通信大学大学院情報理工学研究科、柏原昭博研究室と機械学習を活用した新しい学習システム分野での共同研究を開始した。

 ALBERTでは、取締役会長の山川義介が、電気通信大学産学官連携センター客員教授を務めているが、今後さらに同大学との連携を強化し、“分析力”と“システム開発力”を強みとするデータサイエンティスト集団として、市場のニーズに耳を傾け、人工知能やビッグデータ領域における最適なソリューションの提供を目指す。

MarkeZine編集部[著]