建築家ムーン・フーンが描く、幻想都市

写真拡大

人の体や染色体の形をした建物に、街を歩く不気味なロボット。韓国人建築家ムーン・フーンが描く奇妙な街のイラストは、いつだって空想にあふれている。そして彼は、その空想と現実の境界を、「落書きの魔法」によって超えることができる。

「建築家ムーン・フーンが描く、幻想都市」の写真・リンク付きの記事はこちら
moonhoon02

2/16「Wind Museum」/Doodle Constructivism展。

moonhoon03

3/16「Urban Robot」/2014年ヴェネツィア・ビエンナーレ。

moonhoon04

4/16「Sat Bundang」/Doodle Constructivism展。

moonhoon05

5/16「Fry Seoul」。

moonhoon06

6/16「Ring Ring」/2014年ヴェネツィア・ビエンナーレ。

moonhoon07

7/16「Seoul」。

moonhoon08

8/16「Saturday Seoul」/2014年ヴェネツィア・ビエンナーレ。

moonhoon09

9/16「Body Architecture」/Doodle Constructivism展。

moonhoon10

10/16「Body Architecture」/Doodle Constructivism展。

moonhoon11

11/16「Clashes Crashes」/Doodle Constructivism展。

moonhoon12

12/16「Cloudy Architecture」/Doodle Constructivism展。

moonhoon13

13/16「Newtype Pavillion」/Doodle Constructivism展。

moonhoon14

14/16「Seoul Free Zone」/Doodle Constructivism展。

moonhoon15

15/16「Shelfish Standing」/Doodle Constructivism展。

moonhoon16

16/16「The Erectile」/Doodle Constructivism展。

アーキテクチュラル・イラストレーションがもつ特殊な魅力に興味がある方は、シカゴ行きの飛行機に乗って「Doodle Constructivism展」を観に行くことをお勧めする。というのも、韓国・ソウルを拠点とする建築家ムーン・フーンのドローイングが、シカゴ建築ビエンナーレに展示されているからだ。[訳註:会期は1/3まで]

ソウルの江南地区(Psyの曲で有名になった地域だ)で活躍するフーンは、1960年代の未来派、ロシア構成主義、そして映画『トランスフォーマー』に影響を受け、自由奔放に湧き上がる創造性を駆使しつつ、想像力あふれる、非常に細かなイメージをつくり出している。

自身の創造力の源となっているのは、幼少のころからずっと描き続けてきたメモ用紙の落書きと身近なものにインスピレーションを感じる才能なんです、とフーンは語る。例えばつい最近、彼の創造力の引き金となったのは、帽子のように見えた料理運搬用のトレーだった。ほかにも、車や飛行機、戦艦、日本のアニメ、レオナルド・ダ・ヴィンチが残したノート、逆再生で観る映画も創造の起点になるという。

「近くのものから遠くのもの、あるいは古代から近代までのものを、ぼくはプラグインできるのだと思います」

「Rock It Suda」/Doodle Constructivism展。

塔の形をした野菜や染色体の形をしたオフィス、ロボットのようなカエル、毛細血管のような地下空間…。フーンの描く作品にも、“奇怪な生態系”があふれている。それは、ファンタジーと現実がせめぎ合い、混沌と静寂に満ちた都会風景を対比させている。

例えば、「Rock It Suda」(上の画像)はソウル中心部の「未来派ゴシック建築」を表わしたものであり、ビルには巨大な目玉が衝突し、亀裂が入っている。この作品のテーマは「月と彗星」なのだとムーンは話す。「Shelfish Architecture」(下の画像)では、アパートとイカと、そして「スター・ウォーズ」シリーズに登場する戦闘機TIEファイターが組み合わさったような巨大な宇宙侵略者が、赤い物体をひらつかせて街を闊歩している。

「Shelfish Architecture」/Doodle Constructivism展。

「アイデアを得て、それを表現する。イラストはそのための方法なのです」。フーンは自身の作品についてそう語る。「作家なら言葉を使用することで、世界を理解して表現しますよね」。彼は手描きでスケッチを行うが、不完全さや独自の歪みのおかげで、コンピューターを使うよりも作品に深い人間味が生まれるのだという。

TAG

ArchitectureArtIllustrationKoreaWIRED US
moon_photo01

1/10「Rock it Suda」PHOTOGRAPH BY YEUM SEUNG HOON

moon_photo02

2/10PHOTOGRAPH BY YEUM SEUNG HOON

moon_photo03

3/10PHOTOGRAPH BY MOON HOON

moon_photo09

4/10PHOTOGRAPH BY MOON HOON

moon_photo10

5/10PHOTOGRAPH BY KIM YONG KWAN

moon_photo04

6/10「Two Moon」PHOTOGRAPH BY NAMGOONG SUN

moon_photo05

7/10PHOTOGRAPH BY NAMGOONG SUN

moon_photo06

8/10「Wind House」PHOTOGRAPH BY NAMGOONG SUN

moon_photo07

9/10PHOTOGRAPH BY NAMGOONG SUN

moon_photo08

10/10PHOTOGRAPH BY NAMGOONG SUN

「現実」と「ファンタジー」の境界を超える

フーンの描くドローイングは、彼自身の建築作品から生まれることもある。「Urban Robot」というドローイングのタワー形の建物やその翼部分は、実際に彼が建設したプロジェクトのパーツをあてはめているのだ。

その逆もまた可だ。例えば「Rock It Suda」はイラストが描かれたあとに、実際に韓国の山中で建設され、尾や枝角、そのほか自由自在な形態の装飾がひしめき合う住宅空間へと生まれ変わった。「Wind Museum」というドローイングも、あひるのくちびるの形をした黄金塔が飛び出したコンクリートの立方体建築物「Wind House」となった。

彼の、奇怪なインスピレーションの連鎖は止まらない。Wind Houseのアイデアは、食事中に家族と食べたアヒルの詰め物から得たそうだ。2つの立方体から巨大な球体が掘り出された形をしている韓国市街地のカルチャーセンター「Two Moon」は、映画『トゥー・ムーン』にインスパイアされてつくられているという。

そんなフーンは、韓国の建築シーンを「まるでティーンエイジャーのようだ」と語る。未熟な部分も含め「どうなるかわからない」のだと。といっても、フーン自身も、作品に際立ったメッセージを込めているわけでもないのだという。彼はただ、通常は静的に表現される建築美術とは異なり、「はかなく、エネルギッシュで、越境する」建築描写に関心をもっているだけだ。そして彼の目的は、そのイラストによって建築の外観や概念を拡張することである。「建築の定義は、ぼくたちの許容レヴェルに応じていくらでも拡大すると思っています」

フーンは自身の建築を、「遊び心あふれる」作品だと表現する。それは人々に、子どものころにある空間に夢中になったような感覚を思い出させるものだ。「なかには、ぼくの作品が嫌いだという人もいるだろうと思います」。フーンは言う。「でも、ぼくは人の基準に合わせるということはしません。そういう人にとってぼくは芸術的すぎるか、あるいは個性が強すぎるわけです。韓国では、ぼくは建築を軽視する建築家だと思われていますよ」

フーンがこの少し真面目すぎる建築業界で成長し続けるには、彼自身の探求を押し進めていくしかないのだろう。自身の建築と芸術を、どこまで拡張できるかを確かめるために。

「落書きは、現実とファンタジーをつなぎ合わせることのできる最高の方法なのです」とフーンは言う。「まるで魔法のようにね」

TAG

ArchitectureArtIllustrationKoreaWIRED US