2大ヒーローが“豆まき”参戦、増上寺にバットマンとスーパーマン。

写真拡大

公開迫る映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で激突するバットマンとスーパーマンの2大ヒーローが2月3日、600年超の歴史を持つ増上寺の節分伝統行事「節分追儺式」に、まさかの参戦を果たした。

テレビなどでも取り上げられ、東都の四季を彩る年中行事の名物として毎年大勢のお参りがあることでも有名な増上寺の「節分追儺式」。丹漆の三解脱門を背景に、古式豊かに裃をつけた年男年女のお練りをはじめ、手作りの色鮮やかな裃を身につけた可愛いらしい明徳幼稚園児たちや、狆クラブの愛犬たちも登場する2月の一大イベントだ。特に特設舞台上で行われる「豆まき」は、年男年女や角界・芸能人らの登壇で非常に華やかに行われ、イベントのクライマックスとして大きな注目を集める。

いよいよ豆まきが始まる頃には、会場には5000人以上の観客が押し寄せた。登壇する有名人の名前が次々と読み上げられる中、異彩を放ったのは誰もが知る“バットマン”と“スーパーマン”というヒーローの名前。会場がざわめく中、華やかな有名人と共に彼らが映画さながらのコスチュームに身を包んで登場すると、思いもよらぬスペシャルゲストの登場に会場に詰めかけた来場者は一気にヒートアップした。

映画史上初となる衝突を迎えるバットマンとスーパーマンは、この日のイベントでもにらみ合って火花を散らしながらも、その手には豆を入れるために“升”がしっかりと握られていた。同じく豆まきに登壇した大女優・中村玉緒や元フィギュアスケート選手の安藤美姫といった有名人らに劣らぬ存在感を見せつけながら力強く豆をまき、来場者の厄除けと来福を願った。意外なゲストの登場に大盛り上がりのまま、イベントは大勢の笑顔に包まれながら終了した。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は3月25日、日米同時公開。