「泣くから悲しい」なら、泣かなければ楽しい?

写真拡大

「悲しいから泣く」のではなく「泣くから悲しい」という有名な心理学の学説が出されたのは約130年前だが、真実かどうかの立証は非常に難しく、心理学、生理学、脳科学などの面からずっと議論が続いてきた。

早稲田大学理工学術院の渡邊克巳教授らのグループによって間接的に裏付ける研究がまとまり、米科学誌「米国科学アカデミー紀要」(電子版)2016年1月11日号に発表された。

声に「悲しい」「怖い」などの感情を与える機器

チームは、人間が話している時の音声に「楽しい」「悲しい」「怖い」などの感情表現を与えるデジタル音声装置「DAVID」を開発、参加者に「悲しい」という感情が加えられた自分の声を聞かせると、気持ちが「声」に同調した。

「泣くから悲しい」説は、1884〜85年に米のウィリアムズ・ジェームズとデンマークのカール・ランゲの2人の心理学者によって提唱された。このため「ジェームズ=ランゲ説」と呼ばれる。実験で立証するには、「悲しい出来事」がなくても、「悲しくなる」ことを確かめなくてはならず、技術的に難しかった。

渡邊克巳教授らが開発した「DAVID」は、デジタルプラットフォームを使って、人が話している時に声の感情的なトーンを、「楽しい」→「悲しい」→「怖い」などと少しずつ変えることができる。実験では、参加者たちは自分の声が聞こえるようにヘッドホンを耳に当て、村上春樹の短編小説の1節を淡々と朗読してもらった。

この朗読の間、参加者に分からないように「DAVID」に感情フィルターをかけ、参加者の声の感情を「うれしい」→「悲しい」→「恐ろしい」などと少しずつ変化させた。参加者は、自分の声が変化していることにまったく気づかず、また感情を込めることなく朗読を続けた。

外部から「悲しい出来事」がなくても悲しくできる

朗読が終わった後、参加者に気持ちがどう変化したかを尋ねると、ほとんどが、自分の声に込められた新しい感情に同調するよう気持ちが変化したという。外部から操作するだけで、気持ちが変化したのだ。つまり、別に「悲しい出来事」があったと自覚しなくても、悲しい気持ちになれるわけだ。このことは「泣くから悲しい」説を、非常に単純化した形で間接的に証明しているという。

この結果について渡邊克巳教授は、「このDAVIDを心理カウンセリングなど様々な分野で応用したい」とコメントしており、DAVIDをオープンソースで誰でも使えるようにしている。