3日、韓国で死後1年ほどとみられる女子中学生の白骨化した遺体が見つかり、牧師の父親と義母が児童虐待致死の容疑で緊急逮捕された。写真は韓国のパトカー。

写真拡大

2016年2月3日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で死後1年ほどとみられる女子中学生の白骨化した遺体が見つかり、牧師の父親と義母が緊急逮捕された。

富川素沙警察署はこの日、女子中学生の娘を殴って殺害した後、遺体を家に放置していたとして、47歳の父親と40歳の義母の2人を児童虐待致死の容疑で逮捕したことを明らかにした。父親は昨年3月17日、14歳の娘を叱るうちに殴って死亡させた後、遺体に布団を掛け1年近くにわたり放置していたとみられている。遺体はこの日午前9時ごろ、容疑者宅の捜索過程で白骨化した状態で発見された。父親は、遺体の腐敗臭を和らげるため芳香剤を使っていたという。

父親は牧師の傍ら神学大学で教授職に就いており、高校生の長男をはじめ3人の子どもがいる。

この報道に、韓国のネットユーザーからたくさんのコメントが寄せられている。

「他にも子どもがいるのに、部屋に遺体を放置だなんて。家族みんながまともじゃない」
「牧師の父親が…本当にぞっとする」
「厳しい処罰だけが望まれる」

「政治に宗教、どこの世界にもおかしな人がいるものだ」
「韓国では宗教はただの事業体にすぎない」
「週末には信徒に『正しく生きなさい』と説いてたのか?」
「この男は牧師ではない、ただの悪魔」

「鳥肌が立つ。家に遺体を放置するなんて、そこで眠れるのか?」
「この資本万能主義の社会では、価値観、社会システム、法律ばかりか、宗教さえも人間性を失わせる道具に転落する」
「牧師の父親に義母とは…ホラー映画より恐ろしい。これこそホラーだ」(翻訳・編集/吉金)