2日、ベトナムが南シナ海の南沙諸島で実効支配する環礁で行っている埋め立て工事が、昨年12月の台風27号による高波で土砂がさらわれていたことが衛星写真から明らかになった。写真は南シナ海。

写真拡大

2016年2月2日、中国青年網など中国の複数のメディアによると、ベトナムが南シナ海の南沙諸島で実効支配する環礁「ダ・ヌイ・レイ」(中国名:南華礁)で行っている埋め立て工事が、昨年12月の台風27号(メロー)による高波で土砂がさらわれていたことが衛星写真から明らかになった。

記事では「ベトナムは技術力が低く、土砂は波にさらわれ、(埋め立ては)ほとんど進展していない。島しょ建設は簡単なものではなく、複雑かつ総合的な工程で、総合的な国力が試される。誰もが中国のように小さな岩礁を海上空港へと変えられるわけではない」などと指摘した。

中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は2日の定例会見で、この話題についてコメントを求められたが、「中国が南シナ海の諸島とその周辺海域に疑いようのない主権を有するという立場に変わりはない。周辺国との間に存在する争いは友好的な話し合いで解決すべきだと主張している」と述べるにとどまり、正面からの回答を避けた。

この話題について、中国のネットユーザーは「笑いが止まらない」「中国の人工島建設は神業」「自然の神様もベトナムの違法占拠を気に食わないということ」などと拍手喝采している。(翻訳・編集/柳川)