宇多田ヒカルさんの「ママ目線」ツイートが話題 ママあるある?

写真拡大

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカルさんの発言が、このところネットをざわつかせております。つい最近Twitterに投稿された発言は、2万RTを突破したほど。

【関連:時代は「イクニャン」?育児に参加する先住ネコ(オス)の様子に思わずほのぼの】

(宇多田ヒカルさん公式Twitterより。)

(宇多田ヒカルさん公式Twitterより。)

 最近注目されたのは、まさかの「赤ちゃんのキン×マの美しさにビビる」※一字編集部にて伏せ字。
 宇多田さんといえば2015年7月に、待望となる長男を出産しています。15歳でデビューして以来、数々の名曲を世に送り出し、プライベートでは1度の結婚・離婚を経て2014年にイタリア人の一般男性と再婚。現在は音楽活動は休止して、育児の真っ最中。

 今回の発言は、母親目線でみたものかと思われます。なので、いやらしい意味じゃないかと。でも突然の発言にファン達はびっくり。クールなイメージが強かった宇多田さんだけに、特に注目されたようです。

 他にも12月には「生後5ヶ月の息子の屁がまじで臭い」と投稿してみたり、「乳首の先からミルクが噴出するのをなんの不思議にも思わなくなった自分を不思議に思う」と母となってからの感性の変化を投稿してみたりと、育児の中で感じたありのままを発信しているようす。 15歳で彼女が作詞・作曲した『First Love』には「最後のキスは〜苦くて切ない香り」とありましたが、まさか16年後に同じ人物から「息子の屁がまじ臭い」という発言を聞くとは……。そう思うと当時彼女の音楽を聴いていた身としては時の流れを強く感じます。

 宇多田さんは2010年8月から音楽活動を休止していますが、4月4日から始まるNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌を担当するそうです。母となった宇多田さんの音楽がどう変化しているのか。今から楽しみですね。

▼参考・引用:
宇多田ヒカルさん公式Twitter(@utadahikaru

※歌詞が一部誤っておりました。修正してお詫びいたします。

(文:栗田まり子)