松山英樹、去年は惜敗だけに今年こそは…!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 事前情報◇3日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
 現在世界で最もギャラリーを集めるトーナメントと言われる『ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン』がアリゾナ州にあるTPCスコッツデールで現地4日(木)から開幕する。
松山英樹、PGAツアー2勝目はならず…14アンダー2位タイでフィニッシュ
 去年の大会ではブルックス・ケプカ(米国)が最終日で逆転し、初優勝を果たした。そのケプカは連覇を狙い出場。その他にも大会3勝のフィル・ミケルソン(米国)をはじめ、世界ランキング4位のリッキー・ファウラー(米国)、飛ばし屋バッバ・ワトソン(米国)、先週優勝のブラント・スネデカー(米国)ら強豪も挙って出場する。
 また、日本勢では松山英樹と石川遼が出場。今年で3年連続の出場となる松山は初出場の14年大会では4位タイ、そして昨年は1打差2位タイといずれも優勝争いに絡んだ。それだけに今年こそはと期待がかかる。現地でも優勝予想ランキングで4位に入り、期待度も高い。一方の石川は3年連続予選落ちと得意とは言えない大会だが、早めのシード確保のためにもここで結果を残したい。
 例年50万人以上のギャラリーを集めるこのモンスタートーナメントで最後にトロフィを掲げ、大観衆の声援を受けるのは誰になるのか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
戦いの舞台はシンガポールからミャンマーへ!キョンテ、優作、勇太らが出場
<世界ランク>今季初の予選落ちの松山英樹は2ランクダウン19位、石川は116位に後退
人気女子プロのオフの顔も必見!「女子プロ写真館」
松山英樹、悔しい2位タイも「こういう時にしかわからない課題がある」