同等サイズの発電所(ウエストエネルギーソリューション保有)

写真拡大 (全3枚)

 ウエストホールディングスとヤフーは3日、「ヤフオク!」において、「太陽光発電所」の設備を出品し、オークションを開催することを発表した。参加者限定型オークション「メンバーズオークション」にて、12日〜19日の8日間、入札者を募集する。

 ウエストホールディングス子会社のウエストエネルギーソリューションが、広島県三原市に保有する施設(500kw相当)の設備一式と運営権を出品する。太陽光発電所設備そのものがインターネットオークションに出品されるのは、国内初とのこと。

 同施設は、2014年度「設備認定」取得済の新施設。事業者の購入を想定しており、1kwhあたり32円(税別)の電力買取価格が設定されている。土地所有形態は賃貸(賃料年間60万円)。2016年11月より系統連系を行う予定。

 オークション開催者(ウエストエネルギーソリューション)に資料請求し、審査(買取人として適格かどうかを確認)された後、詳細な資料が送付される。開始価格は1億6100万円(税別)。

■関連リンク
メガソーラーオークション始まる! - リユース! ジャパン プロジェクト