村山聖を演じる松山ケンイチ(左)と村山聖(右) (C) 2016「聖の青春」製作委員会

写真拡大

29歳で亡くなった実在の天才棋士・村山聖(さとし)。難病と闘いながら将棋に全人生を賭けた彼の壮絶な生き様を描く、大崎善生原作の感動ノンフィクション小説「聖の青春」が、松山ケンイチ主演で映画化されることがわかった。

松山ケンイチが坊主頭にパンツ一丁で伝説のギャグ漫画主人公演じる!

大崎の処女作でもある「聖の青春」は、100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、名人への夢半ばで倒れた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、そして羽生ら今も将棋界で活躍する仲間たちとの友情を通して描いたもの。

村山は、幼少期より腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返していたが、入院中のある日、父が何気なく勧めた将棋に心を奪われ、その日から将棋の最高峰・名人位を獲る夢を抱いて、将棋の道をまっしぐらに突き進みはじめる。

主人公の村山を演じるのは松山ケンイチ。将棋に全身全霊を捧げた天才棋士役を演じるために自ら東京将棋会館に通いつめ、これまでにない驚異的な役作りで精神面、肉体面の両方から役にアプローチした。メガホンを『宇宙兄弟』の森義隆監督がとる。

松山は主人公・村山役のオファーを受けたときの感想を「全身全霊をかけても足りない役だと思いました。そういう仕事は大好きです」と話し、原作を読んでの村山の印象については「命を燃やしている方。その激しさに魅せられました」とコメント。

また、原作者の大崎は「私のデビュー作である『聖の青春』が角川映画になるというのは宿命的なものを感じる。はじめて映画化の話を聞いてからもう10年近くになる。その間も粘り強く交渉を重ねて、現実まで持っていって下さった制作スタッフの執念には頭が下がる。最終的には最高の形となった。この作品を愛し、信じそして丁寧にまとめあげてくれた」と振り返り、松山については「はじめて松山ケンイチさんとお会いしたとき(※撮影が始まったころ)、村山聖さんに似ているのに驚いた。体重を増やして役に備えたという」とコメント。

作品に関しては「天才・羽生善治に挑む、西の怪童と恐れられた村山聖の真摯な闘いの物語である。森信雄という類まれな師匠との愛情の物語でもある。幼い日から病気と闘い、そのハンディをものともせず乗り越えていった努力の物語であり挫折の物語でもある。将棋を目指すものたちのストイックな青春がそこにはある。29歳で村山がこの世を去って17年。その歳月をものともせず村山はまだ多くの人に愛され慕われ続けている。その過酷な宿命の故か、彼の持つ特有の純粋さの故か。その村山聖が17年ぶりにこの世に戻ってくる。松山ケンイチに姿を借りて。限定的なカーニバルのようなものだ。もちろん私もはやく村山くんに会いたい。一人でも多くの人にこのお祭りに参加してもらいたい」と話している。

『聖の青春』は今年秋に全国公開となる。

[動画]松山ケンイチ主演『珍遊記』予告編
『春を背負って』が富山凱旋。松ケン、蒼井優、トヨエツが山の気持ちよさをアピール!
松山ケンイチ、2年ぶりとなる主演映画の初日舞台挨拶で笑顔!
大人の女優よりも色っぽい!? 浴衣姿の芦田愛菜を松山ケンイチがベタ褒め