写真提供:マイナビニュース

写真拡大

多くの人が一度は耳にしたことがあるであろう、「諸行無常」という言葉。
今週のこねたものは自らの身体(生地?)でこの言葉を表現しています。

全てのものは変化しつづけている(「常」なるものは「無」い)という意味で、
仏教の哲学を代表する3つの教え
(三法印:他の2つは「諸法無我」と「涅槃寂静」)に数えられています。

咲いた花はやがて散ってしまいますし、
きれいにこねたこむぎこも、そのままにしておくとやがてカビが生えてしまいます。
また、人の心の状態やものの考え方も変化しつづけるものです。

物事の変化を受け入れ、「常」なるものへしがみつくのをやめることで、
気持ちが楽になることもあります。
新しいことへ踏み出す時にも、勇気を得られるかもしれません。

■こむぎこをこねたもの、とは?

■著者紹介

Jecy
イラストレーター。LINE Creators Marketにてオリジナルキャラクター「こむぎこをこねたもの」のLINEスタンプを発売し、人気を博す。現在、最新作「こむぎこをこねたもの その2」もリリース。そのほか、メルヘン・ファンタジーから科学・哲学まで様々な題材を描き、個人サイトにて発表中。

「週刊こむぎ」は毎週水曜更新予定です。

(Jecy)