太田光がジャニーズやバーニングの圧力を認める「言えないことは言えない」

写真拡大

3日放送の「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、爆笑問題の太田光が、ジャニーズやバーニングプロダクションなどの芸能事務所からの圧力があることを認める場面があった。

番組では、ベッキーの不倫騒動の是非が話題に上った。ベッキーを非難し続ける人々に対して、太田は「一般視聴者は、ベッキーにそこまで嫌なことされていないよね?」と疑問を投げかけ、「芸能界なんて、そんなもんですからね。(一般の)社会生活が、できない人達が集まっているんですから」と、一般社会と芸能界の違いを訴える。

太田はヤケクソ気味に「開き直りも何も、本当にこれしかできないから芸能界にいるんですから」「ヤクザとつるんでいますよ、俺だって。当たり前だって!!」とボケて、スタジオの爆笑を誘う。

さらに太田は「事務所の圧力がどうのこうのって、あるよバカ!」「どこの世界にだってあんだろうが、そんなもんは。言えないことは言えないんだよ、こっちだって。ジャニーズのこととかさ、バーニングのこととかさぁ」と明言したのだ。

自暴自棄な太田の発言に、相方の田中裕二は笑いながらも「うるさいわ」とツッコんだ。太田は、一連の騒動を起こしたベッキーやSMAPに「よくない点」があるとすれば、それは「視聴者を騙しきれなかったこと」だと指摘していた。

【関連記事】
井上公造氏がジャニーズ独立タレントへの圧力を否定 テレビ局による自主規制か
上沼恵美子が紅白歌合戦の司会打診でNHKから圧力を受けたことを告白
AKB48小嶋真子が「有吉AKB共和国」でのスタッフの圧力を暴露