2日、現代快報によると、江蘇省公安庁ネット安全保衛総隊は、南京大虐殺の犠牲者を侮辱するコメントをネットに書き込んだとして、6人のネットユーザーを訓戒処分としたことを発表した。写真は南京大虐殺記念館。

写真拡大

2016年2月2日、現代快報によると、江蘇省公安庁ネット安全保衛総隊は、南京大虐殺の犠牲者を侮辱するコメントをネットに書き込んだとして、6人のネットユーザーを訓戒処分としたことを発表した。

【その他の写真】

記事によると、6人は「南京大虐殺犠牲者国家追悼日」の12月13日前後に、ポータルサイト・百度(バイドゥ)の掲示板に「国家追悼記念日」「南京大虐殺」などについて侮辱的なコメントを残し、「社会に悪影響を与えた」とされている。処分を受けたのはいずれも男性で、5人が30歳代、1人が20歳代だった。

江蘇省のネット警察は、「ネットは公共の空間で、ネット社会も法治社会だ。発言は法律法規を遵守しなければならない」としている。中国は昨年からネット規制を強化しており、取り締まりが厳しくなっている。(翻訳・編集/北田)