写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は2月1日、8月24日から26日に開催するコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」のテーマを「Now is the time!」に決定したことを発表した。また、同日よりセッション講演者の一般公募を開始した。

今年のテーマ「Now is the Time!」には、近年猛烈な早さで進歩するコンピュータエンターテインメント技術を使って、新しいエンターテインメントを作り、ユーザーに届ける、今がその時だ! という思いを込めたという。

講演内容は、エンジニアリング、プロダクション、ビジュアルアーツ、ビジネス&プロデュース、サウンド、ゲームデザイン、アカデミック・基盤技術などに関連したもので、セッション形式は、レギュラーセッション(60分)、ショートセッション(25分)、パネルディスカッション(60分)、ラウンドテーブル(60分)、インタラクティブセッション、ワークショップ、チュートリアル、CEDEC CHALLENGEが用意されている。

応募は、公式Webページより受け付けている。応募期間は2月1日〜4月3日。採択者の発表は、4月〜6月ころを予定しており、CEDEC事務局より応募者へ直接連絡される。

採択者には、「CEDEC 2016受講パス」が進呈されるほか、講演者同士の交流を目的としたパーティへも招待される。また、応募者全員には「CEDEC 2016受講パス」を割引価格で販売するほか、基調講演の優先入場権、「CEDEC 2016」ステッカーが贈られる。