画像

写真拡大 (全2枚)

 IDCフロンティアが「IDCFクラウド」に、離脱防止ツール「Sprocket」を採用したところ、コンバージョン率が13%向上した。

 SprocketはIDCフロンティアが提供する「IDCFクラウド」に、離脱防止ツール「Sprocket(スプロケット)」が採用されたことを発表した。既に、コンバージョン率が13%高くなる結果が出ている。

 パブリッククラウドサービスの「IDCFクラウド」は、アカウント登録後にサーバーを構築すると利用状況に応じて課金されるもの。同サービスではアカウント登録後、サーバー構築完了前の離脱が大きな課題だったが、今回、離脱防止ツール「Sprocket」により実質的なコンバージョンであるサーバー構築率を改善した。

 具体的には、初心者が多くサーバー構築でつまずいているという仮説のもと、アカウント登録直後のユーザに、クラウドサーバー構築の手順をガイドするツアーを表示した。結果、Sprocketガイドを表示しないユーザと比べて、表示したユーザはサーバー構築率が13%高い結果となった。
Sprocketガイド表示イメージ

MarkeZine編集部[著]