川崎市の中学1年殺害 リーダー格少年が凄惨なリンチの様子を話す

ざっくり言うと

  • 川崎市で中学1年生が殺害された事件の初公判が2日、開かれた
  • 被告の少年は「首をやったら死ぬかなと思った」などと当時の様子を明かした
  • 被害者が死亡するまでの状況が示されると、法廷には家族の嗚咽が響き渡った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング