2日、韓国京畿道水原市で、北朝鮮が韓国に向けて飛ばした大量の宣伝ビラが発見された。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年2月2日、韓国・聯合ニュースによると、韓国京畿道水原市で、北朝鮮が韓国に向けて飛ばしたとみられる大量の宣伝ビラが発見された。

警察によると、2日午前2時43分ごろ、水原市長安区錬武洞にある4階建ての共同住宅の屋上で、約3万枚の宣伝ビラが見つかった。ビラは3種類で、朴槿恵(パク・クネ)大統領を批判する内容や先月行われた北朝鮮の4回目の核実験を広報する内容が書かれていた。また、ビラが落ちていた場所のすぐ横にあるプラスチックの貯水タンクが破損していた。

警察は「宣伝ビラが付けられた風船が移動中に割れ、ビラの塊が貯水タンクに直撃したようだ」と話している。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「人に当たったらどうするつもり?」
「目には目を、歯には歯を!北朝鮮にビラを飛ばそう」

「韓国にごみを捨てるな」
「道を歩いていたら、知らないおじさんが『読んでみろ』とそのビラを渡してきた。韓国にはまだ従北左派が存在しているということを実感したよ」

「無能な韓国政府のせいで北朝鮮にまで甘く見られている」
「北朝鮮に損害賠償を請求するべきだ」

「ここまできたらテロと言っていいのでは?」
「北朝鮮が攻撃してくるということは、朴大統領や韓国政府がしっかり仕事をしているという証拠」(翻訳・編集/堂本)