31日、韓国航空宇宙研究院は来年12月に韓国型発射体の試験打ち上げを行うことを明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国国旗。

写真拡大

2016年1月31日、韓国・KBSによると、韓国航空宇宙研究院(KARI)は同日、「来年12月に韓国型発射体の試験打ち上げを行う」と明らかにした。

KARIの趙光来(チョ・グァンレ)院長は、「発射体開発の最大の難関である75トン級ロケットの不安定燃焼問題は少しずつ解決に向かっており、来年12月に予定されている試験打ち上げは問題なく行える」と述べた。

韓国型発射体事業は全長47.2メートルの3段衛星ロケットを韓国の技術で開発し、2020年の打ち上げを目標としている。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「少ない予算の中でここまでできたら立派だ」
「北朝鮮に負けていられない。米国や中国の反発など気にせずに核開発も進めよう」

「先進国が何年も前にしていた研究。少し出遅れたが、今からでも頑張ってほしい」
「韓国も固体燃料ロケットを開発するべき。隣の日本も固体燃料ロケットで衛星を打ち上げているというのに、韓国はいつまで米国の目を気にしているの?」

「KARIの職員らは真の愛国者!もっと果敢に予算を増やすべきだ」
「本当に信じていいの?とても不安」

「税金爆弾も派手に打ち上がりそう」
「どうせ失敗する。それよりも電子事業に投資した方がいい」(翻訳・編集/堂本)