大人が子どもの視野を体験できる「チャイルドビジョン」

写真拡大

 子どもの死因の上位には「不慮の事故」が常に挙がっている。厚生労働省「平成25年人口動態統計」によれば、事故の原因には「窒息」や「溺死・溺水」に次いで「交通事故」が多い。

 いわゆる「飛び出し事故」が大半を占めるわけだが、事故につながる複数の理由のひとつに、子どもの「目」がある。

視力は徐々に発達する

 「見る」という行為には、6つの機能が必要だ。見たいものを正しく判断する「視覚情報処理」、見たいものが鮮明に見える「視力・色覚」、見たいものにピントを合わせる「屈折・調節」、見たいものの遠近感を把握する「輻輳両眼視機能」、見たいものに正しく視線を向ける「固視眼球運動」、見たい範囲が確保されている「視野」。これらすべてがバランスよく働いてこそ、「よく見る」といえる。

 それぞれの機能は、生まれてすぐ会得しているわけではない。「視覚感受性期」と呼ばれる長い時間を経て獲得していくものなのだ。

 生まれたての赤ちゃんの目は、眼球の器官はほぼ完成されているものの、明暗がわかる程度。生後3カ月になっても、視力は0.01〜0.02しかない。人の顔とそれ以外もものの区別ができるようになり、動くものを目で追う「追視」も可能に。6カ月で両目の協調性が完成(視力は0.04〜0.08)、1歳では奥行きや物の立体距離感が感じられ、ものの形の区別もつき始める(視力は0.2〜0.25)。

 大人並みの1.0の視力や機能を得るのは、個人差もあり、3歳〜6歳といわれている。小学生以下の子どもに関して言えば、見る行為自体がまだまだ未熟なのだ。

子どもの視界は大人の6割

 「視野」についてはどうだろう?

 横浜市が考案した「チャイルドビジョン」は、児童心理学者ステイナ・サンデルスの実験結果をもとに日本のペーパークラフトデザイナーが制作したもので、大人が子供の視野を体験できるメガネだ。

 サンデルスによれば、大人が並行視野150度・垂直視野120度に対して、6歳児は並行視野90度・垂直視野70度しかない。大人の視界の6割程度しか見えていないことになる。

 実際に「チャイルドビジョン」をかけ、子どもの背丈(6歳児で約110cm)にあわせてみると、驚くほど視界が狭いことがわかる。横方向は顔の幅ほどしか見えず、真正面に顔を向けていると自分の足元になにがあるかなど全くわからない。

 ちょっとのよそ見で、電柱にぶつかったり、すぐ転んだりするのも当然といえる。親が「よく見て」などと言ったところで、視界に入るものは限られている。

大人と違う子どもの目の視点と特異性

 2003年、秋田大学の研究チームが子どもの視点を考慮した安全な歩行空間について発表をした。大学生6人、小学1年生3人にアイカメラをつけてもらい、大人と子どもの視点にどんな違いがあるか、路上での歩行を調査している。

 その結果、大人は道路の前方・奥行に注視し、周辺の建物などをまんべんなく見ているのに対して、子どもは視界の下方を注視し、主に路面を見ていることがわかった。

 歩道にあるカーブミラーを障害物とみなした調査でも、大人は自分が歩ける空間を判断するためにミラー周辺に目を配るが、視線が下がっている子どもはカーブミラーの根元付近だけに目がいってしまい、周りの様子を把握することがない。左右の車両や歩行者に気づかずに接触するのは無理からぬことだろう。

 2005年に、やはり秋田大学のチームが、小学生10名にカメラを持たせて、好き・嫌いと感じたものを撮影させた。撮影された対象には家屋や店舗、樹木など身近に思えるものが多く、「かっこいい」「面白い」「楽しい」などの好印象を持つものを特に注視するという結果が出ている。

親だけでなく、周囲の大人も見守る

 元来、子どもには「中心化」という視覚的に目立つ特定のものにだけ注意を払う傾向がある。建造物であれ、木であれ、興味を引けばそれだけしか目に映らない。視覚と同様に、なにかに注目しているときは聴覚も遮断されるという研究報告もある。

 子どもという存在が成長途中という存在であるがゆえに、自身での危機回避は非常に困難だと言わざるを得ない。

 その身体の未熟さをカバーするのは、やはり大人の役目だ。年齢が低ければ低いだけ、補助の手が必要になる。親はもちろん、周囲の人間が気に掛けることで子ども達の安全は保障されることだろう。

 道を歩く子ども達に少しだけ注意を向けてやる、それで防げる事故はあるはずだ。
(文=編集部)

【参考】東京都福祉保健局「東京都版チャイルドビジョン(幼児視界体験メガネ)」