Doctors Me(ドクターズミー)- 男性のデリケートゾーンの臭いの原因と対策を解説!

写真拡大

デリケートゾーンのにおいが気になる…。パートナーににおいを指摘された…。そのようなことでお悩みの男性も多いのではないでしょうか。

今回は、男性のデリケートゾーンのにおいについて、原因や対策などについてお伝えしたいと思います。

デリケートゾーンのにおいのおもな原因は?

デリケートゾーンのにおいは、いくつかの要素から起こります。尿がついたり、分泌物がこびりついた「恥垢(ちこう)」といわれる垢がついたり、汚れやすい場所といえ、下着やズボンなどで蒸れやすいのも加わって、雑菌が増えやすくなり、においの原因となります。

また、アンダーヘアが生えている部位は、わきなどにも多い、アポクリン腺という汗腺が多く存在することもあるため、わきがと同じようににおいがでやすくなります。アポクリン腺からでる汗には、たんぱく質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれており、これらが皮膚にいる菌により分解されることで、独特のにおいがでるのです。

男性特有の蒸れやすさもにおいの原因に!

上記以外にも、男性はジーンズやボクサーパンツなどをはいたりすることで、デリケートゾーンが蒸れやすくなることも原因となります。蒸れやすくなると、雑菌もたくさん発生することになり、汗と混じってきついにおいになるからです。

また、食事内容も体から出るにおいに影響します。肉など動物性たんぱく質を多く摂取すると、体臭が強くなることがありますし、脂質も、皮脂腺やアポクリン腺からのにおいの原因となる脂肪酸やアルデヒド類をつくるため、油っこいものの取りすぎや、控えすぎもにおいのもとになることがあります。

どのように洗うのが正解?

においを抑えるには、まずはデリケートゾーンの汚れをとり、雑菌を繁殖させないようにすることが大切です。性器の皮の間など、恥垢や汚れが溜まりやすいところなので、入浴の時に汚れをきれいに洗い流しましょう。

ただ、デリケートな場所ですので、ナイロンタオルなどで、ゴシゴシこするとダメージになり、雑菌が入りやすくなって逆効果になることもあります。しっかり石けんを泡だて、肌を傷つけないように指の腹を使ってやさしく丁寧に洗いましょう。

デリケートゾーンのにおいをおさえるケアは?

汗もにおいの原因のもとになるので、においをやわらげるために、汗をこまめに拭くことも大切です。汗の出やすい時は、タオルやウェットティッシュなどで、こまめに拭くといいでしょう。また、あまり蒸れないようにするために、ボクサーパンツなどぴったりした下着は避けるのも一つです。

そのほかにも、デオドラント製品を使うと汗をおさえ、においをやわらげるという点で効果が期待できます。服などの上から使えるパウダースプレーや全身に使えるローションなど、さまざまなタイプのものがありますが、デリケートゾーンは敏感な部位なので、デリケートゾーン用など、肌にやさしいものを使うようにするといいですね。また、皮膚が荒れやすい人などは、自分の肌に合うかどうか軽くあてて確認してから使うようにしましょう。

医師からのアドバイス

デリケートゾーンに限らず、身体から発せられるにおいの予防には、野菜などを含めたバランスのよい食事も大切です。
しっかりにおいを防ぎ、さわやかに過ごしたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)