キヤノンは2日、最先端技術や最高クラスの性能を備えたデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark II」を発表した。価格はオープンプライス。発売は4月下旬。

 同製品は、「EOS-1」シリーズの最新機種で、従来機種「EOS-1D X」より、さらなる高画質化と高速連写を実現。また、動画撮影機能と通信機能が強化されている。同社開発の約2,020万画素フルサイズCMOSセンサーと、新映像エンジンを2基搭載した「デュアルDIGIC 6+」、AFセンサー、測光センサーなど、キーデバイスを刷新。これにより基本性能が大幅に向上し、高画素化とともに、AF・AE(自動露出制御)を追従させながら最高約14コマ/秒の高速連写性能を達成している。

 さらに、AF低輝度限界性能が向上し、暗い環境での撮影の幅を拡大。また、画質劣化の要因となるわい曲収差や回折現象なども撮影時の補正を可能とし、さらなる高画質を実現している。また、CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの両方を行う「デュアルピクセルCMOS AF」により、素早く追従性の高いAFを実現。4K/60pの高精細で滑らかな動画撮影機能に加え、スローモーション映像の撮影に適した120fpsのハイフレームレート動画撮影(フルHD)も可能である。

 そのほか、撮影した4K動画から任意の1フレームを静止画として切り出す機能も搭載する。USB3.0規格にも対応し、プロのニーズに応える通信機能を備える。また、GPSユニットを内蔵し、位置情報や撮影時刻の記録が可能。さらに、新製品のワイヤレスファイルトランスミッター「WFT-E8B」(別売)を併用すると、5GHz帯域での高速通信も可能となる。