2日、韓国軍合同参謀本部は、中国の軍用機2機が先月31日、韓国と中国の防空識別圏が重なるエリアに進入したと発表した。写真は蘇岩礁の位置を示す地図。

写真拡大

2016年2月2日、韓国・聯合ニュースによると、韓国軍合同参謀本部は、中国の軍用機2機が先月31日、韓国と中国の防空識別圏が重なるエリアに進入したと発表した。環球網が伝えた。

中国の軍用機2機は済州島西南の蘇岩礁(韓国名・離於島)上空を飛行していた際、中韓の防空識別圏が重なるエリアに進入した。中国機は韓国軍の警告放送を受け、防空識別圏から出たという。(翻訳・編集/柳川)