「健康かカロリーか」チョコレートの悩みはいつもソコへ

写真拡大

バレンタインデーには、甘さ控えめでカカオたっぷりのブラックチョコレートを贈ると、カレのハートをぐっとつかむいいチャンスかも。

明治と帝京大学が共同研究でカカオ成分が高いチョコレートが便秘改善に効果があるという調査結果をまとめ、2016年1月13日、記者発表をした。

ホワイトチョコより便の量が2倍以上に

チョコレートの健康効果の研究はいくつかあるが、ほとんどがマウスを使った実験だ。今回は人間を対象にしたのが特徴。20〜49歳までの女性31人の協力を得た。全員、排便回数が週平均4回以下の便秘気味の人で、カカオ製品や納豆、ヨーグルト、乳酸菌飲料など「便秘にいいとされるもの」を週4回以上摂取していない人を選んだ。

参加者を、カカオ成分72%の高カカオチョコレートを食べる16人と、比較の対照としてカカオバター以外のカカオ成分を含まないホワイトチョコレートを食べる15人に分けた。それぞれに1日当たり25グラム(市販の板チョコの約半分)を2週間食べ続けてもらい、両グループの「排便回数」「便の量」「便の色」、さらに便の中の「腸内細菌」を比較した。

すると、高カカオチョコのグループでは、排便回数が1週当たり平均2.8回から4.9回に増えた(ホワイトチョコでは2.6回から3.3回に)。便の量は約2.2倍に増加(ホワイトチョコはほとんど変わらず)。また、便の色や腸内細菌の状態も高カカオチョコの方が、ホワイトチョコよりも改善していた。

普通のチョコより高カロリーなのが悔しい

また、共同研究の過程で、これまで抽出が困難だったカカオ成分の「カカオプロティン」を世界で初めて抽出することに成功した。カカオプロティンは消化するのが難しいタンパク質で、働きがよくわかっていなかった。今回、抽出したカカオプロティンをマウスに与えると、便の量が増えた。腹持ちがよいため便のかさを増す効果があり、便通がよくなるという。

今回の結果について、帝京大学の古賀仁一郎准教授は「カカオプロティンは、タンパク質ですから腸内細菌のエサになって、腸内の環境を良くします。腸内細菌が活発になると、腸が蠕動(ぜんどう)運動を起こして便通を良くしますが、それとは別に、カカオプロティンが便の量を増やすので便通効果をさらに上げることになるのです」と語っている。カカオが便秘改善で二重の働きをしてくれるらしい。

「それなら、カレにあげるより私がいっぱい食べちゃおう♪」と思ったアナタ、高カカオチョコは、カカオそのものに脂質が多いため、普通のチョコよりカロリーが高めであることをお忘れなく。