「海鮮黒醤油あんかけ飯」(800円)は男性に人気のメニュー

写真拡大

道央自動車道・岩見沢サービスエリア(SA)上下線のスナックコーナーでは、「海鮮黒醤油あんかけ飯」(800円)が男性に人気だ。

【写真を見る】周りを山で囲まれている岩見沢SA上下線は、四季の風景が楽しめる人気のスポット

人気の秘密は同店独自のあんかけ。オイスターソースに、黒醤油スープ、鶏がらスープを使っており、コクと旨みが強く、濃厚な味わいに。

これにベビーホタテ、玉ねぎ、ニンジン、海老など様々な具材をからめて、北海道産のアツアツご飯に載せて頂く。濃厚なあんかけにご飯がよく合い、箸がどんどん進む一品だ。味噌汁がついてこの値段なのもうれしいポイント。

営業時間は上り線が朝8時から夜8時(4〜11月)または朝10時から夜6時(12〜3月)まで。下り線が朝7時から夜7時(4〜11月)または朝9時から夜5時(12月〜3月)までとなっている。

また、上り線では昨年10月にハイウェイガーデンが新設され、暖かい季節には季節の花々を楽しめるようになった。一方の下り線には、「ばんえい競馬」のばん馬の像があり、記念撮影にぴったりのスポットでもある。いずれも訪れてみて損はないスポットになっているので、立ち寄った際にはぜひ、暖かいあんかけ飯に舌鼓を打ちながら、上下線それぞれの魅力を楽しんでみてほしい。【東京ウォーカー】