『わたしはあの子と絶対ちがうの』 とあるアラ子

写真拡大

趣味や好きなモノは人それぞれ。しかし、自分が全く知らない趣味のコミュニティに入り込んだときの疎外感はつらいものがあります。

30歳超えても「キレイ!」な人と、そうじゃない人を分ける5つの注意点

漫画家のとあるアラ子さんが1月7日に上梓した自伝的コミックエッセイ『わたしはあの子と絶対ちがうの』(イースト・プレス)には、サブカル趣味を持つ彼の仲間達とうまく付き合えなかったり、SNSに振り回されたりするアラサー女子の苦悩が描かれており、思わず共感してしまうシーンが満載。

今回は、著者のとあるアラ子さんに、自分の趣味とは異なるコミュニティに入りこんだ際に人がとってしまう言動やその理由、女子がSNS上でやってしまいがちな言動についてインタビューしました。

--まずは、この漫画を描いたきっかけを教えてください。

とあるアラ子(以下、と):この作品はエッセイの体で描いていますが、実際はフィクションとノンフィクションが入り交じっています。

作品内での「アラ子」は最初、創作活動とはほど遠い存在ですが、私自身は10年くらい前からアルバイトをしながら漫画やイラストをたまに描いていました。でも、それは依頼された案件を淡々とこなしていくという感じで、読者からの反応なんてほとんどないし、下手したら名前も出ないようなこともたくさんあって……。

漫画内にもありますが、転機はブログを始めたことだったんです。私自身は全く音楽に興味がないのに、マニアックな音楽好きの彼のCDラックにあるCDをひたすら聴いて感想を書くブログ『うんいち〜運命の一枚をさがせ〜』が注目されたことをきっかけに、依頼されていない作品を書くということが新鮮に思え、「コミティア」にこの漫画の元となったコピー本を出したり、中野ブロードウェイの「タコシェ」に置いてもらったりしました。

そこで、このような楽しい世界があるのだと知り、創作に対する心構えが変わったように思います。

「サブカル」の意味って…?

--作品内では、いわゆる「サブカル趣味」を持つ彼のコミュニティに顔を出すようになったことで、苦悩する姿が描かれていますが、アラ子さん自身はサブカルに興味があったのですか?

と:どうでしょう? 興味があったような気もするし、なかったような気もします。でも「サブカル」ってとても曖昧な言葉じゃないですか。特に定義もないし。しかも、この数年で使われ方がどんどん変わってきている気がしませんか? だから、「サブカル」という言葉はこの作品の中では使わないようにしたんです。

どうしても使いたくなるシーンは何度もありましたが、グッと我慢して。生半可な気持ちで使ったら「勝手にカテゴライズするな!」と怒られそうなイメージがあったんですよね。本当にただのイメージですけど。

ところが、この本を「サブカルの世界を描いた漫画」と紹介いただく機会があったりして、「あれ? 使っても良かったのかな?」と、今は思ったりしています。ムダな努力だったかもしれないと……。

だけど、やはり人を趣味や思考でカテゴライズするのは難しいことだと思います。この作品の中に出てくる「るりるりちゃん」みたいに、もう「サブカル女子」とか形容できないという感じの人は本当に稀な存在で、世の中は、サブカルとメインカルチャーも好きだという層がほとんどを占めているんじゃないですかね。

私も伊集院光さんのラジオを聞いたり、みうらじゅんさんの本を読んだりはしていたので、すごく大きな意味で言うと、元からサブカル女子だったのかなぁと思います。

でも、サブカル的な著名人の人脈的な繫がりには全く興味はなかったんです。これは漫画の中にも描いたことですが、二つの作品に共通点はないのにファン層がかぶっているのが、以前の私にはどうしても理解できなくて。この映画監督さんとこの漫画家さんは仲が良いと知っている、そうやって興味がどんどんわいて人が繫がっていくということは一度も経験がなくて。

この映画が好きな人はこの漫画も好きというように、横で作家自身やファンも繫がっていることってあるじゃないですか。よく、サブカル系のイベントが行われるロフトプラスワンにも行ったことはありましたが、他の日にどんなイベントをやっているのか気にしたことはありませんでした。でも、そういうところまでガッツリとアンテナを張っている人を見ると、「サブカル男子!」とか「サブカル女子!」と思いますね。サブカル=情報感度の高い人という定義が私の中にあるのかもしれないですね。

--なるほど、そう考えると一口に「これが好きな人はみんなサブカル」とは言えませんね。

興味のないCDのレビューブログを始めた理由

--アラ子さんは、彼のCDをひたすら聴いてブログにレビューを書いたということですが、音楽は元々好きだったのですか?

と:好きな曲はあるし、カラオケにも行きます。中学生の時は『うたばん』や『HEY! HEY! HEY!』などの歌番組は必ず録画して見ていました。

でも、歌が始まると早送りをして、トークのみを見ていたんです。歌は歌手の人のプロモーションでCMと同じ感覚で、見ないのが普通と思っていたんですよ。その話を学校でしたら、「みんな歌が聴きたくて見ているんだよ」と驚かれたとき、自分はあまり音楽が好きではないのかなと初めて気付きました。

--えっ、歌番組は歌がメインですよね……!? しかし、興味のない音楽を聴き続けてレビューを書くのは苦痛ではありませんでしたか?

と:私、記録をすることが大好きな記録魔なんです。ブログを始める前は「食べログ」の更新に熱意を燃やしていて、100件以上食べ歩きをしていました。でも、食べることや文章を書くことが好きなわけではなく、ただ記録をするのが好きなだけなので、レビューをするのが正直めんどうで。

当時、食べログはレビューが200字以上でないと投稿がサイトに反映できないな仕様だったんです。だから私は「おいしかったです」といった一言の感想の後、☆や♪などの記号で文字数を埋めて投稿していました。でも、それを恋人や友達に「店側にも失礼だし、利用規約にも反していそうだからやめろ」と怒られて……。

私、自分のルールを決めて苦痛に耐えるのが好きなんです。苦痛に耐えた後の達成感を味わいたくて。マラソンや登山のような感覚に近いのかもしれません。それで、食べログを辞めた後は、彼のCDを聴いてブログに記し始めました。はじめは自分のためにやっていたブログですが、人が見たらおもしろいのでは? と思い始めて……。

私の友達はみんな音楽が好きなので、私があまりにも音楽に興味ないのをよくバカにされていたんです。

食べログをやっていたときも、私の文章力があまりにもないのを、恋人や友達は影で読んで笑っていたらしいんです。でも、知識のない私が真剣に書いている文章をおもしろく感じる人もいるのだと手応えがあり、自分のブログを音楽好きの人が見たらそこそこおもしろいのではないかという意識はありましたね。

理解できないというコンプレックスがあるとディスりたくなる

--音楽の知識がないアラ子さんが、彼らをディスりたくてたまらなくなるシーンも、共感する人は多そうです。

と:ここまでくるともう病気ですよね。自分が理解できないものを楽しんでいる人たちの中にいると、コンプレックスを刺激されますから。楽しそうな人は羨ましいですからね。

私、DJイベントがすごい苦痛なんです。大きな音で音楽を流して「イェーイ!」って感じで、ろくに会話もできないことの楽しさが分からず。もしかすると、自意識が邪魔して楽しめないのかもしれません。

自分が理解できないというコンプレックスがあると、どうしてもディスりたくなってしまいますよね。楽しそうな人達の輪に入れない悲しい気持ちを無理やり正当化しようとしちゃうんですよね。

そこまで自分で分析できていても、気を抜くとすぐDJイベントをどうにか揶揄できないか考えてしまうんですよ。怖いですよね。今も、DJディスをしないよう、日々気をつけています。

SNSには自分を良く見せようとする自意識を感じられる

--この作品にはSNSによる人付き合いのモヤモヤ感が多く登場しますが、アラ子さん自身はSNSが好きですか?

と:好きですね。漫画の中の「アラ子」はSNSにすごく依存していますが、私自身も依存していますね。そのへんはあまり脚色していないです。

でも、世間のSNS好きの人と違うと思うのは、私はSNSに文章を投稿することにはそこまで興味はないんです。

とにかく他人の投稿を読むのが好きなんです。隅から隅まで読んで、写真は拡大して見たり。友達がかわいい猫の画像をアップしても、猫は全く見ないで、背景に写る本棚とか、家具から間取りを想像したりしています。気持ち悪いですよね……。

そして、好きな友達よりも、ちょっと苦手だなと思っている知り合いの投稿をわざわざ見に行ってしまうんですよね。料理の写真だけならば何も思わないのですが、「食いしん坊だから毎日料理しちゃう」なんてテキストが書かれていると、そこに自意識を感じてイラッとしてしまうんですよ。

「食いしん坊」という一見自虐的な言葉をわざわざ使っているけど、料理が好きなことをアピールしたいだけなんじゃないの? みたいな。すっごい性格が悪い見方ですけど……。

以前テレビで、女性の8割が女友達のSNSを見てイラッとしていると言ってたんですよ。8割はさすがに多過ぎだし、男の人もそういう感情があるとは思いますが、多かれ少なかれ、そのような感情を持っている人はけっこういるんじゃないですかねぇ?

でも、他人の自意識って感じるとイライラするけど、同時に安心もするんですよね。「人に良く見られたい」と思っているのは自分だけではないんだなと。

--でも女性って、自分にとって良いことしか投稿をしない傾向があるように思いますが……

と:そこを、ちょっとした言葉のニュアンスから探し出しちゃうんです。こないだまで彼氏の影があったのに、別れちゃったのかな? みたいな。

でもこういうネットウォッチって、身近な人にしかしないんですよね。芸能人だと興味がなくて。SNSはリアルの会話よりも、その人が隠していることや隠したいことが見える瞬間って、そこに真実がある気がしてしまうんです。

--何気ない投稿も、他人からはしっかり裏の裏まで見られているんですね。私も気を付けよう……。

ネット上で嘘を書く人には羨ましさがある

--他に、ネット上で見かける気になる投稿はありますか?

と:ネット上で壮大な嘘を書くようなレベルの人がいるじゃないですか。もう、盛っているとか自慢とかそういうレベルじゃなくて、普通の人なのにネット上ではセレブのような振る舞いをしたり、いきなり恋人が大勢いるとか言い出す人。そういう人は気になってしまいますね。心を奪われてしまうというか……。

この人大丈夫かな? こんなに分かりやすい嘘をつくのか、と思うのと同時に思い切った嘘をつける人に対する憧れや羨ましさがある気がします。ネット上の仮想空間とは言え、自分とは全く違うキャラクターを生きるってどんな感じだろう? と。

ただ、本人はリアルとネットの自分のキャラクターがどんどん乖離していって、苦しんでいるとは思いますけどね。

--確かに、呼吸をするように嘘をつく人は、いつの時代も人を引き付けますよね。

今後、アラ子さんが描いていきたいネタはありますか?

と:この漫画を描くとき、人に内容を説明するのが難しかったんですね。「こういう話が描きたい!」と頭の中にイメージはあったんですが、コンセプトとか誰に何を伝えたいかとか、自分でも全然分からなかったんです。感覚的な人間なんでしょうね。

でも、実際に描いてみて感想を聞くと、そういうことが描きたかったのかもしれないと思うことが多かったので、次も自分が思っていることをそのまま描いて、コピー本から始めたいです。また、タコシェさんに置いてもらえたらうれしいですね。