合法的に「脱税」できる!? 無税でお金を増やせる“究極の方法”をFPが解説

写真拡大

実は税金ってかなり引かれている

会社員をしていると、実際の収入と手取りの違いには驚かされます。何よりキツいのは社会保険料で健康保険、厚生年金保険、介護保険(40歳以上)、雇用保険などが引かれます。全部を足すと14%以上にもなります(会社によって若干の差がある)。

みずほ銀行を“他行振込手数料無料”に! その簡単な方法とは

さらに引かれるのが所得税や住民税です。おおむね10〜15%くらいは年収から引かれていると思います(年収が低い人は低く、年収が高い人は負担割合が高くなる)。

そのうえ、銀行預金についた利息や投資で得た収益については20%が引かれます。超低金利でもそのうち20%を引いていきますし、がんばって投資で儲かっても20%が引かれるしくみです。

しかし!

もしも、もしもですよ。この税金という制約を合法的に逃れる術があるとしたらどうでしょうか。
そんな制度があるなら、使わなくちゃもったいないですよね。

今回は「税金を合法的に逃れられるお金の増やし方」をご紹介します。

入口から出口まで「無税」でお金を増やせる!?

あなたがもし、ふたつの条件を守ることができれば、あなたのお金は入り口から出口まで税金を引かれず増やすことができます。すなわち、「60歳まで解約しない」「毎月ちょっとずつコツコツ積み立てる」という条件です。

制度の名前は「確定拠出年金」といいます。国の年金水準が下がっていく中、自分で頑張る人のために非課税を認めているしくみです。会社の退職金制度として導入されている人が約540万人、個人で任意で入っている人が約25万人います。

特にメリットがあるのが自分のお金を自分で確定拠出年金に入れる場合です。何せ、自分の老後のためにお金を入金するだけで、所得税、住民税を回避できます。そのお金は自分名義の口座にあるので全額を将来自分が使えるのに非課税です。これほどお得な話はありません。

確定拠出年金は運用で得られた利益についてもすべて非課税です。なので何度売り買いしようとも完全にすべてを手元に残すことができます。投資が難しいという人は確定拠出年金の中にも定期預金がありますから安全に増やすこともできます。こちらも利息は非課税です。

60歳以降に受け取るしくみですが、このとき少しだけ税金を引かれる可能性があります。しかしほとんど無税でもらえるか、実際の課税額は少額にとどまります。

簡単にいえば、「入り口から出口まで合法的に非課税でお金を増やせる」しくみが確定拠出年金なのです。

2017年1月から、現役世代なら誰でも利用できる予定

現在、確定拠出年金に自分のお金を入金できる人は

個人型確定拠出年金……自営業者等の国民年金保険料を納めている人、企業年金のない会社員

企業型確定拠出年金……会社の制度で「マッチング拠出」を認めている会社員

に限られます(それでも2000万人以上が対象)。
しかし、今後法律改正があって、現役世代(60歳まで)の人は誰でも利用できるようになります。具体的には、企業年金のある会社員、公務員、専業主婦(夫)も確定拠出年金制度を使って老後のお金を増やすことができるようになるわけです。なお、実施は2017年1月の予定です。

個人型確定拠出年金については自分で資料を取り寄せたり、申込書類を書かなくてはならないのが面倒ではありますが、絶対にお得な制度です。比較サイトなどをチェックしながら、がんばって積立をスタートさせてください。

あとは自動的に、かつほったらかしでお金を増やしていける

さて、確定拠出年金について少し知っている人は「自己責任で投資するから大変だ」というイメージを持っているかもしれません。

しかしこれは誤解です。実は確定拠出年金の中には定期預金のような「元本確保型商品」があるので、これを選べば低金利とはいえ堅実にお金を増やすこともできます。

投資についても、そう難しく考える必要はありません。5〜10年くらいのスパンでひたすら買い続け、株価が上がりきったときにちょっと売るくらいでもいいのです。むしろ株価が下がっているときこそ大きく増やすチャンスで、何もしないほうが得策です。

もし、悩むようなら「分散投資された投資信託を選ぶ(バランス型と名前がついている事が多い)」こと、「低コストのものを買う(運用の手数料が年0.7%より低いもの、理想的には0.4%以下がいい)」ことのふたつを心がけます。

あとは毎月購入してはほったらかしを繰り返して55歳くらいまでそのままにしてもいいくらいです。「アベノミクス4」くらいがくるまで粘り強く投資を続けてください。

もし1万円を22歳の入社から定年退職の60歳まで積めば1000万円になるチャンスもあります(口座維持手数料月500円を引き、運用益年4%で試算)。元本は456万円ですから倍以上に増えている計算です。

ちなみに、所得税や住民税を15%相当引かれて、利息からも税金を引かれた場合(年3.2%)、60歳時点での金額は755万円です。「合法的に脱税」した差は大きいですね。

「合法的脱税」は老後破産を防ぐ大切な選択肢です。だからこそ、国もそれを認めているわけです。ぜひぜひ、このしくみを有効活用してみてください。

(おまけ)
もし、本気で確定拠出年金の投資について勉強してみたいという人は拙著『誰でもできる確定拠出年金投資術』をオススメします。分かりやすいと評判だそうですよ。