1月31日の大阪国際女子マラソンで福士加代子が輝いた。

 レースは、30km過ぎから福士の独走になった。しかし、福士にはまだ終盤失速の懸念が残されていた。それもそのはず、過去08年と12年のこの大会で30km以降に大失速したシーンが、いまだに見る者の脳裏に焼きついているからだ。

 福士自身もレース後、「30km以降も不安で、『このあと落ちていくのかな』という思いもあって......。だから給水を取るたびに『行け、行け!』と思って走っていました。それに25km過ぎから痛くなってきた足の裏が、30km以降どんどん痛くなってきて。最後は『いいや、折れちゃえ』と思って走っていました」と笑いながら振り返った。

 一方、指導する永山忠幸監督はレースをこう見ていたという。

「福士にとって5km16分40秒というペースは、20kmまでなら楽にいけるペースなんです。心配したのは25kmでペースメーカーがいなくなったら、勝てると思って気持ちが甘くなりペースダウンするんじゃないかということでした。30kmまでペースメーカーが走ってくれたのは助かったけれど、30km以降でライバル視する選手がいてくれたら、もっとタイムが良くなったと思います。今日は単独になったのでヤバいと思いましたね。だから日本陸連が設定した2時間22分30秒を突破させるために、ラスト600mくらいのところでサバを読んで『5秒足りない』と声をかけました」

 ライバルがすべて脱落した25kmから30kmまでは、ペースメーカーが気を使いながら1km3分20秒前後のペースで引っ張ってくれ、その間の5kmは16分47秒で走った。ひとりになってからも35kmまでは3分20秒台中盤のペースを刻むと、それ以降も3分30秒を切るか切らないかのペースを維持。そして「監督から5秒足りないと言われてダッシュしました」と笑う福士は、2時間22分17秒でゴールラインを駆け抜け、タイムを確認すると「やったー!」と喜びの声を上げた。

 派遣設定記録突破で優勝。まだ3月の名古屋ウイメンズマラソンは残っているが、リオ五輪代表の有力候補として名乗りを挙げた。

 その成功の要因のひとつとして、マラソンの練習方法を思い切って変えたことがある。

 永山監督が福士の大阪への出場を決めたのは、昨年12月13日の全日本実業団女子駅伝のすぐあとだったという。故障中だったにも関わらず、メンバー不足で福士は3区を走ったが、区間15位という屈辱的な結果に終わっていた。

「大会が終わってすぐに『大阪へ行くよ』と言ったのですが、まだ足に痛みがある中で年明けまで無理をさせました。でも大阪を走る以上はやらなければいけないから、その押し問答で彼女と衝突をしながら練習をやらせていた感じです」

 昨年の春に右足の甲を2度疲労骨折して手術を受け、夏にも再び右足の甲を疲労骨折していた福士。9月に入ってから出場を決めた10月11日のシカゴマラソンでは、マラソン練習がわずか1カ月強だったにも関わらず、自己ベストに4秒遅れるだけの2時間24分25秒でゴールをしていた。ここで組んだ厳しいスケジュールは、福士の性格や潜在能力を考えれば、1カ月強のマラソン練習で、十分に走れるという実績を踏まえてのことだった。

「彼女が持っているスピードを生かしたままで、マラソン練習をさせたいという考えはもともと持っていました。だから、男子の高岡寿成選手が02年のシカゴで2時間06分16秒を出すためにやったマラソントレーニングを参考にし、それに私が海外で学んだトレーニングをミックスする形でやりました」

 こう話す永山監督は、距離にはこだわらず、1km3分20秒ペースで走る10km走を2本など、福士のスピードを生かす練習方法を選んだ。さらに、最後のトラック勝負で戦える力もつけようと練習を組んだという。1月に行なわれた徳之島合宿では、アップダウンに加えて、風も強いコースで、福士が「走れない」と弱音を吐いたこともあった。

「そう言い出すのは年に1度あるかないかだから、彼女も本当にきつかったのだと思います。でも13年の世界選手権で銅メダルを獲得したあと、ワコールの陸上部長と話した時に、自分から『次はもっといい色のメダルを取りたい。金メダルを狙います』と言っていたので。私も『大阪で勝てなければリオはない』と言っていたし、彼女自身も『大阪では2時間22分30秒を突破して優勝する』という気持ちを持っていたからこそ、耐えられたのだと思います」と振り返るように、大阪にかける思いは永山監督と福士ともに同じだった。

 それに加えて今回は、福士自身が「練習より食べることの方がきつかった」と言うほど、食事面にも気をつかった。今までで一番というくらい、マラソン練習をして臨んだ12年の大阪では、25km付近から大失速して2時間37分35秒という結果に終わった。そこから導き出した彼女の最大の課題は、スタミナ不足だった。

「08年の初マラソンの時は脳貧血で倒れて、2回目の12年の大阪はプレッシャーで最後の1週間、食事がうまく摂れなかったというのがあったので。12年のロンドン五輪のあとからついた管理栄養士の方が、今回は福士にマンツーマンでつきあってくれて食生活の改善をしてくれました」

 福士はもともと食が細かったため、内臓を強化するために食事量を増やすことが重要だと考えた。マラソン練習に入るとより多くの炭水化物が必要となるため、栄養士が食べやすさなどをいろいろ工夫してくれて、ご飯の量を通常の3倍くらい食べ続けた。

 レース当日の朝食も丼一杯のご飯を食べたという福士は、レース後も「まだお腹いっぱいですよ」と笑うほどだ。

 こうして準備が整い、本人もスタミナへの不安を軽減できていたことに加え、ペースメーカーが絶好のレースメイクをしてくれたことにより、今回の好結果が生まれた。

「やっと1番になれた」と喜ぶ福士は、レース後の記者会見でも「リオは金メダルを狙います」と明言。

「今回、足底が痛くなったと福士は言っていましたが、それは去年3回も疲労骨折をしたことと、膝から下の脚筋力をつけられなかったためだと思います。だからリオが決まれば、まず脚筋力の強化から始めたいですね。その後は私がもっと鬼のようになって彼女の潜在能力を引き出せるようにしなければいけないし、ラスト10kmまで行ってから、もう一度トラックの10000mのようなイメージをつくってスイッチが入れば、世界とも戦えるようになるんじゃないかなと思っているんです」(永山監督)

 福士はもうひとつの野望として、ジュニアでマークした3000m、5000m、10000mの日本ジュニア新と、シニアの3000m、5000m、ハーフマラソンの日本記録に、10000mとフルマラソンを加えた、計8個の日本記録更新を果たしたいという。

 もともと、高橋尚子や野口みずきの後を継ぐ選手として2時間18分台の記録さえ期待されていた選手だ。そんな彼女が33歳にはなったとはいえ、8回目のマラソン挑戦で、やっと自分の殻を破ってくれたことは、日本女子マラソン復活に向けた、大きな光となった。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi