1日、韓国・東亜日報によると、韓国の朴槿恵大統領は30日にフェイスブックで中国のファンから誕生日プレゼントをもらったことを明かした。写真は13年6月に訪中した朴大統領。

写真拡大

2016年2月1日、韓国・東亜日報によると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は30日にフェイスブックで中国のファンから誕生日プレゼントをもらったことを明かした。環球時報が伝えた。

2月2日で64歳となった朴大統領には、中国に「槿恵連盟」という名のファンクラブが存在する。今年、誕生日プレゼントとして贈られたのは、大統領の写真にイラストや手紙、詩を添えた冊子と卓上カレンダー。

手紙では、朴大統領に親しみを込めて「おばちゃん」という呼称が使われ、「きれいなプレゼントではなく、少し幼稚かもしれませんが、喜んでいただければうれしいです」などと記されていた。大統領はこれらの写真をフェイスブックに掲載し、感謝の意を示した。

「槿恵連盟」は2013年7月に結成され、現在の会員数は2万3000人ほど。昨年の誕生日にもプレゼントを贈っている。(翻訳・編集/北田)