グアリン獲得の上海申花がラベッシ獲得に動く!? 年俸13億で合意とも

写真拡大

▽1日に閉幕したヨーロッパの冬の移籍市場。そんな中、またしても中国からのビッグオファーが舞い込んだ。

▽イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ターゲットとなっているのはパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)とのこと。オファーを出しているのは、今冬にインテルのコロンビア代表MFフレディ・グアリン(29)を獲得した中国スーパーリーグの上海申花だ。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が満了を迎え、インテルやチェルシーがフリートランスファーでの獲得を目指しているとされるラベッシ。しかし、中国は市場が開いているため、上海申花は夏を待たずにラベッシの獲得を目指すようだ。上海申花が出したオファーは、年俸1000万ユーロ(約13億円)+ボーナスとのこと。一部では、すでに合意しているとも報じられている。

▽なお、中国の移籍市場は2月26日まで開いており、上海申花は早急に契約をまとめることを目論んでいるようだ。