PC本来の性能プラスアルファの機能美

写真拡大

VAIO(長野県安曇野市)は、ノートPC「S Line」から13.3型「S13」、15.5型「S15」2機種を2016年2月5日に発売する。

「S13」は従来モデルの堅牢性、VGA端子やLAN端子など充実のインターフェースはそのまま、第2世代ハイスピードSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)、16GBメモリーを選択可能とするなど、ビジネスシーンで活用できるという。断面が六角形状の「ヘキサシェル」デザインを採用、耐久性とデザイン性を兼ね備える。キーボードはキートップにフッ素含有UV硬化塗装を施し防汚性・耐指紋性を高めている。

「S15」は光学ドライブを搭載するオールインワンモデル。ストレージはHDD(ハード・ディスク・ドライブ)のほかSSD、ハイブリッドHDD、SSDとHDDのデュアルドライブ構成から選択できる。大型スピーカーとサブウーファーを搭載し、オーディオ機器に迫るクリアで迫力あるサウンドを実現した。

個人向け標準仕様モデルの市場想定価格は、「S13」が14万9800円〜、「S15」が16万9800円〜(税別)。