【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ウエスタンガン」

写真拡大

●あのスペースインベーダーの作者が!


(画像:YouTubeより)
©TAITO


「ウエスタンガン」は1975年にタイトーからリリースされたアーケード版シューティングゲームです。

※シューティング=射撃

2人プレイ専用で向かい合ってガンを撃ちあうというゲーム、駄菓子屋さんなどでは良く見られた本作を遊ばれた方は概ね40代あたりでしょうか。

制限時間内に得点を稼いだ方が勝ちというシステムは「ポン」等に見られた方式の変形版と言えます。

●西角友宏さん
「ウエスタンガン」の作者は空前の大ヒットを記録したアーケードゲーム「スペースインベーダー」の作者でもある西角友宏さん。

西角さんは1972年の「ポン」(アタリ社のアーケードゲーム)を知ったとき、「これからはゲームの度に部品を全て作り直すのでなく、集積回路のデータを書き換えるだけで、ゲームバランスの調整や新ゲームの作成が楽になる」と、現在ではごく標準的なスタイルとなっている、ソフトウェアによるゲーム開発の将来を見抜いていたようです。

その後も「バルーンボンバー」「ルナレスキュー」等、アーケードゲームの傑作を開発してきましたが、その時期が1980年あたりだったため、その功績はあまり知られていないのが現状です。

2016年現在、様々なコンピュータゲームがあるのですが西角友宏さんの影響は決して小さくないといえます。

【ライター:清水サーシャ Twitter(shimizuSasha)】

【関連記事リンク】
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヴァリアントレギオン パーティプレイ編」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヴァリアントレギオン ダンジョン編」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヴァリアントレギオン 転職編」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヴァリアントレギオン かなりむず編」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヴァリアントレギオン ちょいむず編」

▼外部リンク