RIAA、音楽アルバムのゴールドディスク認定にストリーミングを追加。1500回再生でアルバム1枚に換算

写真拡大

全米レコード協会(RIAA)が、音楽アルバムに対して認定するゴールド/プラチナムディスクの集計対象にオンデマンドのストリーミング再生回数を組み入れると発表しました。これからはアルバムの売上数、ダウンロード販売数に、ストリーミングの再生回数を加えてゴールド/プラチナム認定が実施されます。

RIAA では2013年より、シングル曲を対象として音楽ストリーミング再生回数100回を1ダウンロードとみなすこととし、ダウンロード曲に与えられるデジタル・シングル・アワードを決定することとしました。その後、2015年には CD 全体の売上を音楽ストリーミングの売上が上回るなど、音楽市場においてストリーミングの重要性が増してきたことが、今回の新たな集計方法の採用につながったと考えられます。

RIAA は発表において「音楽ストリーミングおよびダウンロード販売の消費パターンなど広範な分析と音楽産業との協議の結果、音楽および動画ストリーミング再生1500回、またはダウンロード販売10曲分をアルバム1枚の売上と等価とみなすことにした」としています。

また既存のデジタル・シングル・アワードについてはこれまで100回の再生を1ダウンロードとしてきたところを150回の再生を1ダウンロードに見直すことも併せて発表されました。

RIAA 会長兼 CEO キャリー・シャーマンは「我々の集計にストリーミングを加えることは、ゴールド/プラチナム認定において当然の進化であり、さらにアーティストの成果に報いることができるようになるだろう」と語っています。

なお、ストリーミングを加えた集計によってゴールド/プラチナム認定されたアーティストおよび作品の一覧はRIAAのサイトから確認できます。

ちなみに日本では日本レコード協会(RIAJ)が、物理媒体を対象に集計する旧来の「ゴールドディスク認定」のほかに「有料音楽配信」という認定プログラムを用意しています。ただ有料音楽配信と言っても集計対象は「着うた」と、着うたフルに PC 配信(ダウンロード)を加えた「シングルトラック」「アルバム」の3種類。2015年に続々とサービスを開始した Apple Music、Google Play Music、Amazon Prime Music 、AWA といった音楽ストリーミング、さらには YouTube、ニコニコ動画など動画ストリーミングへの対応は、まだまだ先の話のようです。