長野県塩尻市とNTTタウンページが共同制作した長野県塩尻市版「防災タウンページ」。避難所や公衆電話マップなどがまとめられている(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 長野県塩尻市とNTTタウンページは、避難所や公衆電話マップなどの災害時の避難などに必要な情報をまとめた別冊「防災タウンページ」を共同制作し、4日から塩尻市内の家庭や事業所に「タウンページ」本誌とセットで順次配達を開始することを発表した。

 「防災タウンページ」は「いざ!という時に生き延びる」をコンセプトに、持ち運びもしやすいB5サイズで、「安否確認」や「応急手当」の方法、「公衆電話設置場所・避難場所・避難所MAP」などの情報を収録している。

 また今回の取り組みに伴い、本誌の「タウンページ」にも「防災特集」を収録。防災グッズの活用方法などを紹介するとともに、万一災害が発生した時の準備や遭遇した時の対応などがまとめられている。

 長野県塩尻市版「防災タウンページ」はB5判、フルカラー、32ページ。長野県塩尻市版「タウンページ」はA4判、フルカラー、524ページ。2月4日〜2月29日にかけて塩尻市内の家庭や事業所に順次配布される予定とのこと。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI