1日、香港の女性歌手ケイ・ツェーが中国で開催予定だったコンサートの延期を発表。14年の民主派デモへの支持が原因とみられている。写真はケイ・ツェー。

写真拡大

2016年2月1日、香港の女性歌手ケイ・ツェー(謝安[王其])が中国で開催予定だったコンサートの延期を発表。14年の民主派デモへの支持が原因とみられている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

ケイ・ツェーは昨年10月、デビュー10周年のコンサートツアーをスタート。今年4月には香港コロシアム公演を行い、続いて北京や上海など中国で10数カ所を回る予定だった。しかし1日に開いた記者会見の席で、中国コンサートの延期を突然発表。その理由については、「多くの原因があるため」と言葉少なに語っている。

ケイ・ツェーは14年末、香港民主派による抗議活動で現場に赴き、救援物資を配り、中国政府により放送禁止とされた自身の持ち歌を歌うなどの行動を見せていた。

ケイ・ツェーのマネジャーによると、今回の延期決定には、台湾出身の男性歌手ホアン・アン(黄安)による「愛国活動」が影響している。中国籍を取得しているホアン・アンはこの1年余り、数々のタレントに「台湾独立派」や「香港民主派」のレッテルを貼り、自身の中国版ツイッターでさらす行為を続けてきた。最近では、韓流ユニットに所属する台湾人アイドルのツウィ(TzuYu/周子瑜)を攻撃したばかりだ。(翻訳・編集/Mathilda)