1日、外国人の乗り継ぎ客が密入国する事件が相次いでいる韓国・仁川国際空港で、退去強制処分を受けた外国人2人が、護送中に逃走していたことが明らかになった。これについて、韓国のネットユーザーからは不安の声が上がっている。写真は仁川国際空港。

写真拡大

2016年2月1日、韓国・KBSによると、外国人の乗り継ぎ客が密入国する事件が相次いだ韓国・仁川国際空港で、退去強制処分を受けた外国人2人が、護送中に逃走していたことが明らかになった。

韓国法務部によると、昨年11月、退去強制処分を受けた外国人らが、本国に戻るために仁川空港の出国審査場前でバスに乗り換えた際、バスに乗っていたウズベキスタン人男性とベトナム人男性の計2人が逃走した。ベトナム人男性は出入国当局が検挙し、退去強制の準備を進めているが、ウズベキスタン人男性は現在も行方が分かっていない。

これについて、韓国のネットユーザーからは不安の声が上がっている。

「不安だ…」
「もはや自動ドア。管理者を厳しく処罰してほしい」
「韓国の公務員には業務に対する責任感やプロ意識がない。国民の税金で暮らしているくせに!」

「国が破滅に向かっている兆候だ。約20万人に達すると言われる不法滞在者を追放できなければ、韓国は滅びてしまう」
「外国人の間で『仁川空港はセキュリティーが甘い』とのうわさが流れているのでは?」

「仕事に対する姿勢を日本人から学ぶべき。お給料をもらっている以上、真面目に仕事に取り組んでほしい」
「韓国は外国人不法滞在者にとっては天国のような国だが、我々にとっては『ヘル朝鮮(地獄のような韓国)』だ」
「入国管理も出国管理もめちゃくちゃ。まるでコメディーのようだ。韓国でテロが起きるのも時間の問題」(翻訳・編集/堂本)