視聴者が選んだ手倉森ジャパンのMVPは室屋成…抜群の安定感で優勝の立役者に

写真拡大

 AFC U−23選手権カタール2016において手倉森誠監督の率いるU−23日本代表は大会前の厳しい評価を覆す躍進でリオデジャネイロ・オリンピックの出場権を勝ち取り、さらにライバルのU−23韓国代表を決勝で破り念願のアジア王者に輝いた。サッカーキングチャンネルでは特番として日本戦の6試合を全て裏実況し、優勝を決めた韓国戦の後に“手倉森ジャパン”のMVPを視聴者の投票で選んだ。公式の大会MVPを受賞したMF中島翔哉(FC東京)をはじめ、候補にエントリーされたのは下記の通り。

 決勝は負傷で欠場したFW鈴木武蔵(アルビレックス新潟)など、日替わりヒーローが現れたチームだっただけに、他にも試合ごとに少なからずインパクトを残した選手はいたが、9人までというシステム上の都合もあり、大会を通してほとんどの試合に出場し、しかもハイパフォーマンスが目立った選手が入った。その中で得票率が二桁を超えた選手はDF室屋成(明治大学)、FW浅野拓磨(サンフレッチェ広島)、GK櫛引政敏、DF植田直通(ともに鹿島アントラーズ)の4人。中島は9.4パーセントで、視聴者の評価では9.5パーセントの遠藤航(浦和レッズ)に続く6位となっている。

遠藤航:9.5パーセント(5)
矢島慎也:2.5パーセント(9)
室屋成:25.4パーセト(1)
浅野拓磨:13.2パーセント(3)
櫛引政敏:17.9パーセント(2)
植田直通:11.7パーセント(4)
中島翔哉:9.4パーセント(6)
原川力:3.8パーセント(8)
久保裕也:6.7パーセント(7)

 遠藤は大会前にインフルエンザを煩い、練習が十分ではない状態で開幕を迎えたが、手倉森監督の厚い信頼で奮闘し、左足の付け根に違和感をうったえながら最後までハードワークでチームを鼓舞し続けた。特に相手のカウンターを高い位置で潰す守備や韓国戦での決勝点につなげたインターセプトは見事だった。「遠藤はもっとできる」という意見もあった通り常に安定していたわけではなく、中盤でのミスパスが目立つなど、ボランチとしては攻撃面に課題を残した。コンディションをしっかり整えて新天地の浦和で主力に定着し、リオ五輪はもちろん、A代表でも主力を狙っていくことが期待される。

 中島にとってハイライトはイラン戦の鮮やかな2発のミドルシュートだが、大会を通してほぼ運動量を落とす事無く攻守に絡み、抜群のボールキープで苦しい時間帯にもチャンスの起点として機能した。昨年はFC東京で試合に出られない時期も長く、終盤戦でジョーカー的な役割を担ったものの、手倉森ジャパンの10番として懐疑的な意見も多かった。

 その意味でも大会で評価を一変させた1人であり、天才的なテクニシャンでありながら献身をいとわないことも証明しことは確かだ。逆サイドでチャンスができた時のゴール前への飛び出し、厳しくマークされた時のパスの引き出し方など突き詰めれば課題は多いが、それらは試合経験を積めば十分に伸ばせる部分だ。手倉森監督の信頼はかなり厚そうだが、FC東京でしっかり結果を残して大手を振ってリオ五輪に臨んでほしい。

 4位の植田はセンターバック(CB)でDF岩波拓也(ヴィッセル神戸)とコンビを組み、持ち前の身体能力をフルに発揮して力強くボールを跳ね返し続けた。彼がいなければロングボールの競り合いはかなり劣勢を強いられていたことだろう。不可解な判定による不運なPKもあったが、シュートブロックでも多くのピンチを阻止し、まさしく手倉森ジャパンの防波堤として大車輪の働きを見せた。

 今回の内容と結果は大きな自信になったはずだが、DFというのはどれだけトータルで高いパフォーマンスを見せても、1つのミスが命取りとなり、そこから失点すれば批判をあびることになる。こぼれ球をゴール前で空振りしてしまうなど、今回も相手のフィニッシュに決め手があれば“戦犯”になりかねないミスも散見された。タイトルを義務付けられる鹿島で定位置を掴み、頼れるCBとしてリオに行くためにも安定感を磨くことが求められる。