サービスイメージ図

写真拡大 (全2枚)

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1日、インターネット接続サービス「OCN」などで、「マルウェア不正通信ブロックサービス」の無料提供を開始した。

 「マルウェア不正通信ブロックサービス」は、マルウェアに感染したパソコンが、外部(C&Cサーバなど)と通信を行おうとすると、通信の内容(宛先情報)から検知し、自動的にアクセスを遮断するサービスだ。ネットワーク側で機械的・自動的に検知・遮断を行うことにより、ネットバンキングでの不正送金、マイナンバーやパスワードなどの個人情報漏洩を、事前に防ぐことが出来る見込みだ。さらに、マルウェアに感染していることが検知されたユーザーに対して、NTT Comから通知を行う。

 なお参照する情報は、業界団体のガイドラインに準じ、宛先情報のみで通信の具体的な中身は参照しない。通信の内容(宛先情報)に基づいて不正通信をブロックするサービスは、国内のISP事業者として、初の試だという。

 ユーザー側の申し込みや設定は不要。個人・法人向けの「OCN 光」「OCN ADSL」「OCNモバイルONE」など、NTT Comの参照用DNSサーバーを利用しているユーザーに自動適用する。

■関連リンク
マルウェア不正通信ブロックサービス | OCN