29日、中国のインターネット上でこのほど、「日本に行って初めて分かること」が紹介された。写真は渋谷。

写真拡大

2016年1月29日、中国のインターネット上でこのほど、「日本に行って初めて分かること」が紹介された。

日本と中国は「近くて遠い国」と言われるとおり、見た目にはそれほど変わらないように見えて、習慣や文化などは大きく異なることもある。ここで挙げられている項目からは、日本と中国の細かな違いが見えてくる。

まず、「ホテルの便座は発熱する」。これは温水洗浄便座のことを指している。日本でも大きな話題になっているように、訪日中国人がこぞって購入していく商品だ。しかし、実際に使用したことがあるという中国人は、まだまだ少ないのだろう。

次に、「自転車に乗りながら傘を差すと罰金を取られる」。これは、昨年6月から施行された新しい道路交通法で禁止されており、5万円以下の罰金が科せられることがある。中国では、よほどの大雨でない限り傘を差すことはあまりなく、傘を差すような大雨なら自転車には乗ることができない。

「通りに番号が振られている」はいかにも中国人らしい感覚だ。日本では住所は○丁目○番○号など、番地で表記するのが一般的だ。一方、中国では大きい通りから小さい通りまで「○○路」といった名前が付いており、住所も通りの名前で表現することが多い。

また、「会話中に絶えずお辞儀をしなければならない」は、日本人自身にはそうした感覚はあまりないだろう。出会った時や別れ際には、確かにぺこぺこと会釈をすることはよくあるが、「会話中に絶えず」というまでではない。「頭を下げる」という習慣がない中国人の目には、そうした様子がより印象的に映るのかもしれない。

これ以外にも、日本と中国にはさまざまな細かい習慣や文化の違いがある。そうした違いに触れるのも、異国での楽しみと言えるだろう。(翻訳・編集/北田)