写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『仮面ライダー』の45周年を記念して製作された映画『仮面ライダー1号』(3月26日公開)で、1号の前に立ちはだかる悪役を演じるキャストが発表された。

ショッカーの大幹部で、シリーズきっての悪役として人気を博したキャラクターである地獄大使を演じるのは俳優の大杉漣。大杉は2009年8月公開の映画『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』でも同役を演じており、7年ぶりの登場に「今回再びの出演、予期せぬオファーに驚きとうれしさでいっぱいです」とコメント。続けて、「しかも藤岡さん演ずる仮面ライダー1号との共演! 役は"地獄"ですが気持ちは"天国"でありました」と役名にかけて喜びを表現した。

また、今作では地獄大使や悪の秘密結社ショッカーに加えて、ショッカーを捨てた幹部たちが立ち上げた新たな組織・ノバショッカーも登場。彼らは、力によってではなく、経済を掌握することによって世界を実質的に征服することを目的としているという。リーダー格のウルガ役には、ドラマ『花より男子』で知られる俳優の阿部力。そして、美しいが性格は冷酷なイーグラ役を女優の長澤奈央が演じる。長澤は、スーパー戦隊シリーズ第26作『忍風戦隊ハリケンジャー』出身で、本作は出産後復帰第1作目となる。さらに、力自慢のバッファル役として、元キックボクサーの武田幸三が出演している。

(C)「仮面ライダー1号」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映