30日、中国のポータルサイト・網易に、「日本のコメはなぜ中国のコメよりもおいしいのか」と題する記事が掲載された。

写真拡大

2016年1月30日、中国のポータルサイト・網易に、「日本のコメはなぜ中国のコメよりもおいしいのか」と題する記事が掲載された。

記事は、日本産の5キロのコメを1499元(約2万7000円)で購入する人がいるという報道に「信じられない」といった声があることを紹介し、「日本のコメは確かに中国のコメとは異なり、しかも高い金を払うだけの価値がある」としている。

記事はまず、中国について「土地は広く、生産量は世界トップクラスだが、一部地域の土壌は汚染が深刻で、自分で栽培したコメを食べない農家もあるほど」と指摘。「カドミウムが含まれたコメが流通した事件の後、多くの消費者が安全性と安さからタイ米に乗り換えた」と現状を紹介している。

一方で、日本については、「日本の農家は稲作に対して感謝の念を抱いている」とし、「最も日当たりの良い場所を選び、自ら引いてきた水を使うため、コメの品質は非常に高い」と評価。また、日本では中国と異なり、冷めた弁当でも食べられることを挙げ、「日本のご飯は冷めても食感が失われない」と称えている。

この記事に対して、中国のネットユーザーからは、「日本産といえば高品質の象徴」「大気汚染に水質汚染。絶対に中国のコメよりおいしいに違いない」「日本人は自国民を陥れたりしないからな」など、称賛と自虐のコメントが寄せられた。また、「中国に良いコメがないとでも?ただ普通の人は食べられないだけなんだよ」といったコメントもあるが、これは中国では特別階級のために生産された質の高い“特別供給品”があると言われていることから出たコメントだ。

いずれにしろ、庶民が口にするコメという点では、生産する環境や、生産者の心構えが大きく異なるという認識では一致しているようだ。中国で、庶民が安全でおいしいコメを食べられるのはいつになるだろうか。(翻訳・編集/北田)