1日、韓国メディアによると、実話を基に韓国の慰安婦を描いたとされる映画「鬼郷」の特別試写会が米国で開かれ、観客らが「誰もが見るべき映画」と感想を述べた。写真はニュージャージー州の慰安婦の碑。

写真拡大

2016年2月1日、韓国・ニューシスによると、実話を基に韓国の慰安婦を描いたとされる映画「鬼郷」の特別試写会が1月30日、米ニュージャージー州の劇場で開かれ、海外で初めて慰安婦の碑を建設した同州パリセイズパーク市のジェームズ・ロタンド市長も訪れた。

【その他の写真】

2割ほどの外国人を含め、10代から中高年まで幅広い層にわたった観客らは、鑑賞後、「ぼんやりとしか知らなかった慰安婦被害者の問題が、どれだけ深刻なものかが分かった」「これまで他人事のように思っていたことがとても恥ずかしい」などと感想を語り、「誰もが見るべき映画だ」と口をそろえた。中には涙を流し、「ショックで最後まで見るのがつらかった」と語った男性もいた。

この作品は、映画監督の趙廷来(チョ・ジョンネ)氏が韓国の元慰安婦が書いた作品を映画化したもの。02年に構想を始め、14年をかけようやく試写会までこぎ着けた。慰安婦の碑の整備などに取り組む「日本戦犯旗追放市民の集い」の共同代表は、「海外同胞と(韓国)国民皆が『鬼郷』鑑賞運動を繰り広げよう」と呼び掛けている。

これについて、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。

「これこそ政府が先頭に立ってやるべきことなのに。売国行為を続けるばかり」
「絶対に見よう!広めよう!日本人の蛮行を」
「韓国ではまだ見られないのか?」

「なぜ韓国で上映されないの?日本でもない、この韓国で。私は何よりそのことに怒りを感じる」
「劇場公開されたら、われらが子どもたちにきっと見せなければいけない」
「朴槿恵(パク・クネ)大統領にも一度は見るように言おう」

「韓国の全劇場でまず公開されるように進めるべきだ。どうでもいい映画なんかやってないで、こういう映画こそ公開するように、みんなの力を合わせて文化観光部のホームページに意見を書き込もう」

「うそをつき続けている日本人の真実が暴かれたら、世界中の人が仰天するに違いない」
「日本の蛮行を、地球がなくなるその時まで、日本が沈むその時まで、広め続けなければ」
「朴姫(大統領)はもう日本を許しちゃったけど?この映画も上映禁止じゃないか?」(翻訳・編集/吉金)