資料写真

写真拡大

(台北 1日 中央社)1日の加権指数は、始値が8164.24、高値が8166.80、安値が8110.87、終値は前営業日比11.75ポイント高の8156.96。売買代金は832億3200万台湾元だった。非金融保険株加権指数は前営業日比18.46ポイント高の6923.48。

騰落数は値上がりが2087銘柄で、値下がりが3239銘柄、変わらずが417銘柄だった。

売買高上位10銘柄は、00637L、00633L、2409、2881、2882、2891、2883、2303、2330、3481

売買代金上位10銘柄は、2330、3008、00633L、2881、2317、2474、00637L、2454、3673、2882。

時価総額上位10銘柄は、2330、2317、2412、6505、1301、1303、2882、1326、2881、2308。

海外投資家は68億8600万元の買い越し、投資信託は1億8300万元の売り越し。一方、ディーラー(自己勘定売買)は4000万元の買い越し、ディーラー(ヘッジ)は31億9000万元の売り越しとなった。

台湾証券取引所の統計によると、先週の海外投資家による本則市場への投資は200億2000万元の売り越し。今年の売り越し額は1月30日までで594億8300万元になった。

1月30日現在、海外投資家が保有する株式の時価総額は9兆1491億5300万元、上場株式全体に占める割合は38.37%で、1月22日から4660億6100万元増加した。

先週の海外投資家の買い越し上位3銘柄と購入株数は、2303の1億539万9000株、2344の5442万2000株、2356の4791万株。

一方、売り越し上位3銘柄と売却株数は、2881の1081万83000株、2891の6731万6000株、2409の6691万3000株。

(編集:名切千絵)