31日、中国の俳優ワン・カイが両手に高額保険をかけたことで、過去に自分の自慢のパーツに保険をかけてきた人気タレントたちが再び話題になっている。メイン写真はワン・カイ、2枚目はファン・ビンビン。

写真拡大

2016年1月31日、中国の俳優ワン・カイ(王凱)が両手に高額保険をかけたことで、過去に自分の自慢のパーツに保険をかけてきた人気タレントたちが再び話題になっている。中国経済網が伝えた。

【その他の写真】

昨年、時代劇ドラマ「瑯[王邪]榜」をきっかけに人気沸騰したワン・カイが、その両手に3600万元(約6億6000万円)の保険をかけたことが明らかに。これは、ワン・カイをイメージキャラクターに起用したスマホメーカーが、CMで見せるその美しい両手を守るため大金を投じ、PR効果も狙ったもの。手にかけた保険としては、ピアニストのラン・ラン(郎朗)に次ぐ高額となった。

このニュースをきっかけに、過去に人気タレントたちがご自慢のパーツにかけてきた高額保険が再び話題になっている。最も有名なのが、「中国トップ美女」と呼ばれる女優のファン・ビンビン(范冰冰)。サバイバルに挑戦するバラエティー番組に出演した際、その美しい顔に1億元(約18億円)の保険をかけている。

香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)は05年、映画の撮影に合わせて顔面に3000万元(約5億5000万円)の保険をかけた。同じく香港の俳優ウォレス・チョン(鐘漢良)は、かつてアクションシーンの撮影で鼻にケガをしたことがあるため、鼻だけに960万元(約1億8000万円)の保険をかけている。変わったところでは、大きな瞳が美人の条件とされる中で、中国の女優チン・ハイルー(秦海[王路])は特徴的な一重まぶたに高額保険をかけて守っている。(翻訳・編集/Mathilda)