「スター・ウォーズ」100億円の大台突破、「アナ雪」以来3年ぶり。

写真拡大

シリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が、公開から7週目の週末2日間(※1月30日・31日)で興行収入2億5235万1600円、動員15万2966人を記録し、1月31日(日)までで累計動員数647万453人・興行収入101億314万7400円と、100億円の大台を突破した。

ここまで掛かった日数はわずか45日で、これは公開52日で100億円超えした「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」(最終興行収入109億円)を上回るペース。日本の洋画と邦画を含めて100億円を突破したのは「アナと雪の女王」以来約3年ぶり、実写作品だと「アリス・イン・ワンダーランド」以来約6年ぶりの快挙となる。

日本では2000年以降、興行収入の数字が発表されることになったが、これ以降に公開されたシリーズ作品「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」(93.5億円)、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(91.7億円)の記録をすでに超えている。

また、去る1月14日に発表されたアカデミー賞ノミネーションでジョン・ウィリアムズが作曲賞にノミネートされたほか、5部門にノミネートされるなど、名実共にシリーズ最高の評価を得た本作。

全米の興行収入はすでに1月31日時点で、8億9500万ドル=1074億円(1ドル=120円換算)に達し、全米歴代興行収入1位を記録、日々この記録は更新中だ。

そして全世界でも次々と記録を更新し、興行収入歴代3位まで上りつめている。歴代2位の「タイタニック」、1位の「アバタ―」にどこまで迫れるか、まだまだ注目を集めることになりそうだ。