29日、韓国ソウルにある水族館「COEXアクアリウム」で、雌のサメが同じ水槽内の雄のサメを丸のみするというハプニングが発生した。資料写真。

写真拡大

2016年1月29日、韓国ソウルにある水族館「COEXアクアリウム」で、雌のサメが同じ水槽内の雄のサメを丸のみするというハプニングが発生した。

雌のサメはシロワニという種類で体長は約2.2メートル。のみ込まれた雄のサメは体長1メートルほどのドチザメだった。水族館が29日に開園した時には、雌のサメの口から雄のサメの尾びれだけが見えている状態だった。

水族館関係者は「シロワニは特に繁殖期、縄張りを防衛するために攻撃的な行動に出る傾向がある」と話した。(翻訳・編集/堂本)