写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●プロテーゼを入れた鼻が崩れる可能性
芸能人やモデルのスッと通った鼻筋に憧れる人は多いのではないだろうか。「低い」「丸い」「鼻の穴が上向き」「小鼻が大きい」「鼻筋が曲がっている」など、自分の鼻の形状に何らかの不満があればなおさらだ。もし改善したいと思ったら、メイクを頑張ってみるか、それとも美容整形をしてコンプレックスから解き放たれるか……。さまざまな考えがあるが、鼻整形について正しい情報を得ることはきっとプラスになるだろう。

そこで今回は、鼻整形の種類や手術後のリスクと対策について、湘南美容外科クリニックの福澤見菜子医師にお聞きした。

*

○プロテーゼの異変を放置しない

鼻整形では、鼻筋に沿ってプロテーゼ(人工軟骨)を入れる手術が人気です。鼻の穴から入れて内側を少し切開するだけなので、傷跡も目立ちません。半永久的に、高く美しい鼻がキープできます。

ここでは手術後のリスクについても知っておきましょう。個人の体質やプロテーゼの型によって差はありますが、加齢とともに皮膚は薄くなるので、時間がたつにつれてプロテーゼの輪郭が浮き出るリスクや、プロテーゼが鼻先から皮膚を突き破って出てくる可能性があります。

それらを予防するためには、医師のアドバイスに従い、自分の顔の組織に負担をかけない範囲内の変化にとどめることが大切です。次に重要なのは、手術後の合併症はある日突然起こるものではないということ。つまり、プロテーゼの輪郭が浮いてきた、鼻先が赤くなってきて表面からプロテーゼを触知(しょくち)できるなど、必ず兆候があります。それを見逃さず、心配になったらすぐにクリニックを受診することで、重大な後遺症を回避することができます。

早い段階であれば、鼻の穴からプロテーゼを取り出すことも可能です。これは個人的な意見ですが、人は地味な印象から派手な印象への変化には敏感ですが、逆に派手な印象から地味な印象に変わったとしても、意外と気づかないものです。それより、周りの目を気にして異変を放置してしまうと、プロテーゼが皮膚を突き破るような大変な事態になりかねませんので注意しましょう。

●ヒアルロン酸注入のリピートで鼻が"アバター化"!?
○ヒアルロン酸注入の意外なリスク

最近流行(はや)りの"プチ整形"では、鼻の場合、ヒアルロン酸や、人工骨であるハイドロキシアパタイトなどの注入(注射)で鼻を手軽に高くできます。ただ、長く繰り返していると皮膚が伸びたり、注入剤が高さではなく横に広がって鼻筋が太くなったりすることがあります(まるで映画『アバター』に出てくるキャラクターのように……! )。その変化は加齢による影響ではないので、若い人でも数年のスパンで表れます。思ったような効果が得られなくなったときは、持続性が高いプロテーゼにかえることをお勧めします。

最後に、これは美容施術全般に言えることですが、皮膚の厚さや組織は人それぞれです。鼻整形の場合も、1回の施術で美しい状態を一生キープできる人もいれば、加齢とともに違和感が出てくる人もいます。仕上がりに満足したとしても、施術をして終わりと思わず、少しでも異変を感じたら、すぐに医師に相談するようにしましょう。

*

美容整形によってキレイな鼻筋が手に入ったとしたら、メイクもおしゃれも一段と楽しくなるはずだ。ただし美しさをキープするためには、長期的にどのような変化が起こりうるかというリスクを知っておくことも必要。もし異変が起きた場合も、わずかな兆候を見逃さずに医師に相談するように肝に銘じておこう。

※画像と本文は関係ありません

○記事監修: 福澤見菜子(ふくざわ・みなこ)

2003年度ミス慶應グランプリで、歴代のミスの中でも唯一「専門医」の資格を持つ医師。

2006年に慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学病院、東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科、大塚美容形成外科 千葉院院長などを経て、2013年より湘南美容外科クリニックに勤務。そのほか、日本形成外科学会 専門医、日本美容外科学会(JSAPS) 正会員、日本抗加齢医学会 正会員、埼玉医科大学総合医療センター 形成外科・美容外科 非常勤助教など。

医師として、正しい美容医療の普及と実現に貢献することをライフワークとし、オフィシャルサイトでも情報を発信している。

(須藤妙子)