自動走行車、欧州各国で実用化への実験開始(動画あり)

写真拡大

英国やオランダ、スイスで、6〜9人を載せた自律走行バスの試験導入が始まっている。

「自動走行車、欧州各国で実用化への実験開始(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

運転手のいないこの6人乗りポッドは、ロンドン市内の通りを走る初の自律走行車だ。

この乗り物は、ヒースロー空港ではすでに専用トラック上を走っているが、2016年7月からはグリニッジの一般道で実験導入されることになった。実験を行うコンソーシアムは、ポッドに改良を加え、専用トラックのないところでも走行できるようにすると言っている。

このポッドは、ロンドンの公道を走る初の無人走行車であり、より大規模な国家プロジェクトの一部でもある。

電気で走るこのポッドは、「Greenwich Automated Transport Environment」(GATEway)プロジェクト・グループが開発したものだ。7台のポッドが、グリニッジ・ペニンシュラの舗装された一般公道を走行する。

走行実験は、「招待された」ユーザーを乗せて3カ月間行われ、その後、一般に開放される。各ポッドは6人乗りだが、そのうちの1人は、万一トラブルが起きた場合に非常ボタンを押す役目を担った係になる。

走行ルートには、住宅街や、スポーツやコンサートに使われる「O2アリーナ」に近い区域も含まれそうだ。

GATEwayによるとこのポッドは、ヒースロー空港第5ターミナルで5年前から使われてきた。これまでに、定められたトラック上を289万6,819km走行して、150万人の乗客を運んできた。

ポッドがトラック上ではなく道路を走れるようにするために、3つの企業が協力している。ポッドの製造とテストはWestfield Sportscars社が、ソフトウェア設計をHeathrow Enterprises社が、マッピング・ソフトウェアとセンサー類の提供をOxbotica社が、それぞれ担当する。

グリニッジは、英国内で無人走行車のテストが行われることになっている4つの地域のひとつだ。そのほかには、ブリストルコヴェントリーミルトン・キーンズでも、年内に実験走行が行われる。

フォードやテスラ・モーターズ、グーグル、そして噂が本当だとするとアップルなど、世界中で数多くの企業が自律走行車の開発を進めている。オランダでは、2016年1月28日、6人の乗客が座って乗れる(ほかに、緊急用のスタッフも同乗)無人シャトル「WEpod」の公道での実験が開始された(文末の動画)。

さらにスイスも今年から、9人乗りの自律走行バスを導入することになっている

TAG

Autonomous CarBusEuropeTransportationVideoWIRED UK