『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ポスター (C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

写真拡大

全世界で大ヒット中の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、日本公開から7週目の週末土日2日間(1月30日、31日)で興収2億5235万1600円、観客動員15万2966人を記録し、公開45日目にあたる1月31日までに興収101億314万7400円、累計動員数647万453人と、興収100億円を突破したことがわかった。

[動画]J.J.をはじめ監督・キャストが来日『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』会見

日本の洋画と邦画を含めて100億円を突破したのは『アナと雪の女王』以来約3年ぶり。実写映画だと『アリス・イン・ワンダーランド』以来約6年ぶりの快挙となる。

日本では2000年以降、映画の成績が配給収入ではなく興行収入で発表されるようになったが、これ以降に公開された『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(93.5億円)、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(91.7億円)の記録をすでに超えている。

全米興収は、すでにそれまでトップだった『アバター』を超え、1月31日時点で8億9500万ドル(1074億円/1ドル120円換算)に達している。また世界興収も19億8322万ドル(2379億円)と、すでに歴代3位にのぼりつめ、まずは歴代2位の『タイタニック』(21億8677万ドル/2624億円)にどこまで詰め寄れるかに注目が集まっている。

【興行トレンド】『スター・ウォーズ』連勝を阻止したのは小栗旬主演作! では、スピルバーグ作品に勝った「怪異の物語」とは?
『スター・ウォーズ』が『アバター』抜き、全米興収で歴代トップに!
【映画を聴く】前編/ジョン・ウィリアムズの音楽がフレッシュに蘇る!『スター・ウォーズ』サントラがついにハイレゾ化
[動画]『スター・ウォーズ』プレミアで新ヒロイン「フォースとともに」